ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

tokyo

e0042386_2322355.jpg
いよいよタブルタイトルマッチ!
先程、宿舎にチェックインしました。
試合予想は両王者の前半でのKO勝利。長谷川選手は前回のアルバロ・ペレス(ニカラグア)戦のように脚を止めて打ち合うと、仕留め損なった場合はかなり苦戦するかもと思っています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-30 14:55

黒ラベルT

ユニクロの黒ラベルTシャツです。
ちょうどサッポロ黒ラベルのTシャツが欲しいと思っていたところでした。かなり人気が高く、オンラインショップなどでは早々と完売しています。
ちょっと寝かせて、3年後くらいに着てみようかなと思います。
e0042386_321218.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-29 03:21 | Fashion

エヴァコンビニ

先日、箱根のローソンが「エヴァ仕様」になるというニュースと、来場者大挙のため早々と中止となったというニュースを見ました。
先程、帰宅途中に近所のセブンイレブンに寄ってみたところ、「長谷川穂積選手V11仕様」になっていました。
e0042386_355545.jpg
今回の長谷川バージョンのポスターはかなりセンスがいいと思います。腹は減ってませんでしたが、ビックリマンを買って帰りました。
e0042386_3554238.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-28 03:56 | Box

三宮あじさい通り

「インフィオラータこうべ2010三宮東」が開催されていました。
夜中によくこの辺りを通りますが、24時間体制で警備されています。
e0042386_1223163.jpg
寅。
e0042386_1224287.jpg
パンダ。
e0042386_122526.jpg
INAC神戸レオネッサ・らいむちゃん。
e0042386_123116.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-27 12:05 | Others

有明の孫悟空

e0042386_2348138.jpg
「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」(2010年3月27日@有明コロシアム)
王者:オーレドン・シッサマーチャイ(タイ)○判定●同級4位:黒木健孝(ヤマグチ土浦)

試合後半に減点、ダウンの飛び交った試合のスコアを個人的に集計してみると113対112で王者の勝利だった。公式ジャッジの採点でも1、1、2差と似たようなもので、こう見ると実に惜しい気がするのだが、試合全体を通じた印象としては敗者本人が語っている「もっと差があると思った」というものに近い。
前半をほぼ一方的に支配された黒木としては、惜しむらくはあと2ポイントどこかで取れなかったのかではなく、最終回に左ストレートをジャストミートしたKOチャンスを逃したことだと思う。

ともにサウスポーながら、正攻法VS変則派の戦い。上体を左にを折ることで相手の右パンチを外しながら、その引き際に左ストレートを合わせることに長けた王者に対し、世界初挑戦の黒木はカウンター封じとして空間を潰しにかかる。パンチを打ちながら、強引にステップインというスタイルは初回から一貫しており、挑戦者らしいアグレッシブさも兼ねていたが、パンチの振りは大きく、精度も悪い。踏ん張りを効かすために左右のスタンスを広く取った構えは王者の小さなステップへの対応に遅れをとり、入り際に右ジャブを当てられるとややバランスを崩すという欠点も浮かぶ。
中間採点では大きくリードを許し、ワンサイドで終わってしまいそうな展開にありながら、決して前進を止めず、王者を乱戦に巻き込んだところに挑戦者の見せ場もあった。7回に右フックを当てて初めてはっきりとポイントを奪うと、流れが変わる。8回にバッティングで挑戦者、10回はホールディングで王者にそれぞれ減点1が科せられ、11回には王者がスリップ気味の不運なダウン。最終回に黒木が左ストレートで王者の腰を落としたが、猛追もここまで。前半の大量失点を挽回するには至らなかった。
終盤、解説の鬼塚勝也氏は、ポイントではもう勝てないので倒されてもいいから行け、というようなことを言っていたが、亀田の試合でもこれくらいはっきり言ってくれればいいのに。

実績のない地方ジム所属の黒木は、結果を残すことで説得力のある挑戦者へと上り詰めた。その実力、意地は示した試合だったように思う。世界戦を実現させるために縁もゆかりもなさそうな宮田ジムの興行で、空席だらけの有明コロシアムで、亀田の“前座”に登場。亀田VSポンサクレック戦や内藤再起の話題に隠れて試合前の報道はほとんどなし。放映権を持つ悪徳TBSは、亀田の前座にK−1を用意したが、オーレドンVS黒木は結果すら知らせぬ完全無視の有様。ボクシングファン以外でこの世界戦、そして黒木の存在を知った人がどれほどいただろうか。試合は後日、ボクシングファンでさえ契約を躊躇うTBSの有料チャンネル「TBSチャンネル」で放送。理解していながらもいまいち釈然としない日本におけるボクシングの置かれた現実を見たような気がする。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-26 23:48 | Box

アバター

「アバター」(2009年・米国)
監督・脚本:ジェームス・キャメロン
e0042386_20561239.jpg
今更ながらようやく観た。
視聴環境は109シネマズHAT神戸のシアター10。3D(XPAND)上映。

舞台は西暦2154年、地球から約4・4光年離れた惑星パンドラ。
先住民族VS侵略者、自然崇拝VS機械文明。自身の幻影を別空間に投影させる「分身」という要素こそ伴うものの、「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」に比べれば、ストーリー自体は目新しいものでもなく、政治的でもなければ、深くもない。ただ、これはハリウッド超大作であり、ジェームス・キャメロンの映画なのだ。人類も異星人も皆殺し、最新兵器も未開の大自然も破壊し尽くす様は徹底していてある意味、爽快。

話題作なのでDVDの発売を待って見てみようなどという考えは捨てて、絶対に3D上映で観るべき映画。設定が設定だけに3Dメガネをかけて非日常空間に視覚だけでも浸ることで、森を駆け抜ける、大空を飛ぶ、青い皮膚のナヴィを魅力的に思えるなど“共有”できる非現実世界がある。間違いなく作られるであろう続編も期待できる。
ただ、3Dメガネの鬱陶しさは想像通り。今後、3D作品の乱発はご容赦願いたい。IMAX版も観たかったけど、さすがに箕面まで行くほど暇ではない。
3D映画の画期的な作品であり、3D映画を作る上でのひとつの基準を築いた作品として「アバター」の持つ意味は大きい。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-25 21:01 | Movie

昭和11年オリジナルレトログラス

おまけのオリジナルレトログラスが欲しくて白ヱビス3缶パックを買いました。
e0042386_2512195.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-24 23:59 | Food

いよかんポン

愛媛いよかん100パーセントジュースを飲みました。
e0042386_414798.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-23 23:59 | Food

府立への道

井岡一翔のプロ4戦目を観るため久々に大阪へ行きました。
当日、暇だったため梅田から歩いて府立を目指しました。

御堂筋。
e0042386_23303525.jpg
四ツ橋のCAFE CHARBON。
e0042386_2330533.jpg
アメ村。
e0042386_23325545.jpg
UNDERCOVER 大阪、閉鎖。
e0042386_23332852.jpg
道頓堀。
e0042386_23334974.jpg
千日前・大阪ミナミムーブオンアリーナ。二軒隣は…(自主規制)。
e0042386_23371933.jpg
府立。開門前、すごい人集りでした。
e0042386_2335848.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-22 23:37 | Others

Gracias T

長谷川穂積、西岡利晃両王者が揃い踏みする大注目の4・30武道館決戦が迫ってきました。
19日には長谷川と対戦するWBO世界バンタム級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)も来日。モンティエルの公開練習が行われる22日からは公式行事もスタートします。

「長谷川穂積×BOXER」の挑発TシャツV10バージョン「GRACIAS Tシャツ」の通常版・黒です。
e0042386_15572516.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-04-21 15:57 | Fashion