ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

サムライ・ブルー・ソーダ

あまりに蒸し暑いのでガリガリ君を食べました。ガリガリ君もサムライブルー仕様でした。
e0042386_2274721.jpg
「Match25・E組・オランダ1−0日本」(2010年6月19日@モーゼス・マビダ)
完敗ではあるのだが、よくがんばった。
負けて当然の力量差、試合内容でありながら最少得点差で終わらせた意味は大きい。この結果を知った上で行われた試合ではデンマークがカメルーンに勝ったが、1点差しか付けることができなかった。
これでグループ2位争いは日本とデンマークの直接対決に持ち越され、引き分けでもいい日本が断然有利となった。決勝進出がはっきり見えた。

この試合、岡田ジャパンがスコアレスドローを堂々と狙うことができる初めての試合だったのでは。
真骨頂を発揮といっては失礼か。先制されるまではほぼ狙い通り。当然ながら日本のゴールチャンスもなかったのだが、それは別に構わない。
1点を失って以降はCBが守備をせずに攻撃参加しているのだから攻め込む場面もカウンターを喰らう場面も出てくる。まあ、日本がゴールを奪うという雰囲気はあまりなかったけど。ロスタイム、長友が倒されたところでPKを取ってくれたら実におもしろかったが、そこまでうまくはいきません。

カメルーン戦からスタメンを変更しなかったことも負傷者、退場者を出さなかったことで結果的に正解と言えるだろう。先制されてからの選手交代はまったく機能しなかったが、これはデンマーク戦における選手起用を迷いのないものにしたとプラスに考えたい。

3戦目を残しての状況としてはすべてが想定されたもの。
デンマークはオランダほどタテの速さはない。守備でのミスも少なくないし、日本戦では累積警告による出場停止によりDFラインの構成も変わる。
日本が勝つチャンスは十分にある。勝て!勝ってグループステージを突破せよ。

「Match24・D組・ガーナ1−1豪州」(2010年6月19日@ロイヤル・バフォケン)
豪州は初戦で息絶えたかと思っていたら、摩訶不思議な軌道のFKから先制。その後、退場&PKで追いつかれが、他力ながら決勝進出の可能性は残した。
とはいっても、結局のところD組は終わってみればやっぱりドイツ、セルビアだったということになりそう。

「Match26・E組・カメルーン1−2デンマーク」(2010年6月19日@ロフタス・バースフェルド)
カメルーンが2連敗で今大会最初の脱落。同時にオランダの決勝進出が決定した。
日本戦とは異なりA・ソング、ジェレミ・ヌジタップらがスタメンに復帰したカメルーンは、大黒柱のエトーが相手のミスを逃さず先制点を奪ったが、守備の脆さは一向に改善されず持ち堪えることができなかった。
日本としてみれば、デンマークが2点差以上で勝たなければどちらが勝とうと関係のない試合だった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-20 08:09 | Football

セルビアの白い鷹

「Match21・D組・ドイツ0−1セルビア」(2010年6月18日@ネルソン・マンデラ・ベイ)
セルビア単独国家のチームとしてワールドカップ初勝利。歴史的勝利は強国ドイツからもぎ取りました。

後半14分、初戦のクズマノビッチに続いてマンUのビディッチまでもが自陣エリア内で目を疑うような“バンザイ・ハンド”。またもPKを献上した。
解説の早野:「セルビアはゴール前で手を使う訓練でもしてるんですかね」
e0042386_543593.jpg
うーん、それにしても酷いハンド。初戦と同じくイエローで済んだことは運が良かったと言うしかない。
しかしここで現れたのがGKストイコビッチ(この名前が実況されるたびに違和感を覚える)。ポドルスキーのPKを見事ストップ。最大のピンチを乗り切った。

出されたイエローカードは両チーム合わせて9枚。
退場で崩れる“伝統”を持つセルビアとしては相性最悪の主審(スペイン人)との巡り合わせだったが、結果的にこれが幸いした。前線で献身的な守備をしていたドイツFWクローゼが前半37分に厳し過ぎる2枚目のイエローで退場。直後、セルビアは混乱に陥ったというよりは頭に血がのぼったままのドイツに猛然と攻め込み、クラシッチ(この試合すばらしいデキ!)の右クロスを大会最長身・202センチのジキッチがファーで折り返して中央に飛び込んだヨバノビッチが決勝ゴール。
その後、相手がボレーを放つところにコラロフが迷わず頭から突っ込んでファウルを貰うなど気迫のディフェンスを繰り返してゲルマン魂を封じた。グループステージではやたらと強いドイツに土をつける価値ある勝利。次はオーストラリアを倒すぞ。
ドイツの監督、コーチはカーディガンみたいなものを着ていてなんだか変だった。

「Match22・C組・スロベニア2−2米国」(2010年6月18日@エリス・パーク)
米国が前半で2点リードしてスロベニアが追いついたというのならわかるような気がするのだが、試合展開は逆。スロベニアの健闘も光るし、初戦に続いて同点に持ち込んだ米国の粘りも見過ごせない。

「Match23・C組・イングランド0−0アルジェリア」(2010年6月18日@グリーン・ポイント)
どうしたイングランド。2試合を終えてC組は静かな波乱に包まれた。

「アルゼンチンVS韓国」番組内におけるNHK女子アナの“不適切発言”。
リアルタイムで見ていて確かに問題のある発言だと思った。しかし、民放に配慮を欠くというよりはNHK、しかもBSにCMなんぞあってたまるか、ってことですわな。いっそのこと「BSでは香取慎吾などいませんから!」くらい言ってくれれば拍手喝采だったのだが。まあ、いずれにせよセルジオ&松木コンピはパスしてオランダ戦はBSで見ます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-19 06:12 | Football

珍島犬

「Match19・B組・ギリシャ2−1ナイジェリア」(2010年6月17日@フリー・ステイト)
韓国に敗退してほしいのでナイジェリアが勝った方がいいかと思っていたのですが、無用な退場で流れを手放して逆転負け。これでB組は全チームに一応決勝進出のチャンスあり。ただ、ナイジェリアが低調なので、最終戦で対戦する韓国は2位通過しそう。

「Match18・A組・フランス0−2メキシコ」(2010年6月17日@ピーター・モカバ)
未見だが、予想通りフランスが負けた。南アとの最終戦はちょっと楽しみだが、メキシコとウルグアイが仲良く引き分けたらアウトですね。

岡田ジャパンですが、オランダ戦は“捨てる”べきだと考えます。
というのも、カメルーンが残り2連勝するとは考え難いので、日本はオランダに何点取られようとデンマークに勝てば2位になれる。デンマークに勝つことに集中すべきです。
だから先発の入れ替えに賛成します。とりあえずチームコンセプトは変えたくないので、GK、4バック、長谷部主将、本田のトップは続行。残り4人の入れ替えですが、阿部→稲本、遠藤→憲剛、松井→俊輔、大久保→玉田あたりでいいと思います。
最も温存すべきは阿部ちゃん。初戦でよくわからない警告を受けているので、2枚目を貰ってデンマーク戦出場停止という事態だけは避けなければなりません。
とにかくデンマーク戦を見据えながら、0−0を目指してほしいです。
e0042386_7121857.jpg
2002日韓大会使用球「FEVERNOVA」
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-18 07:13 | Football

Coke Glass

岡田ジャパンがカメルーンに勝利したフリー・ステイト・スタジアムは95年ラグビーW杯で小藪ジャパンが惨めに3戦全敗した会場。中でもオールブラックスには現在でもW杯史上最多失点である145点を奪われた屈辱の歴史を残す。サッカーの大勝利の余韻を味わいながら日本ラグビー界の頭の悪さを思い出していたところ、元明大ラグビー部のスター選手で、元競輪選手でもある渡邉大吾が出資法違反で逮捕とのニュースが飛び込んできた17日の昼。
楽しみな「アルゼンチンVS韓国」に備えて、おまけ目的でオフィシャル・スポンサーのマクドナルドに出かける。
e0042386_2354870.jpg
これまたオフィシャル・スポンサーのコカ・コーラの大会ロゴ入りグラスを貰うにはLLセットを買わないといけないのだが、このサイズって誰が消化できるのというくらい量が多過ぎる。ポテトは論外、ドリンクもビールを置いているのなら話は別だが。やむを得ずアイスティーを飲みながらアルゼンチンの大勝を堪能。

「Match16・H組・スペイン0−1スイス」(2010年6月16日@モーゼス・マビダ)
優勝候補のスペインだが、初戦から大勝するのはかえって良くないのではなんて思っていたら、まさかの敗戦。内容は悪くはなかったが、今大会最大の番狂わせを引き起こした。
前回大会、無失点で敗退という珍記録を樹立しながらも、何のインパクトも残さなかったスイスは大会またぎで5試合連続無失点。前半に1人のCBを負傷で欠き、もう1人のCBも早々と警告を受けながらもスペインの猛攻を凌ぐということは堅守の意識が根付いている。

「Match17・A組・南ア0−3ウルグアイ」(2010年6月16日@ロフタス・バースフェルド)
南アは史上初の開催国の未勝利&グループステージ敗退が濃厚となった。

「Match20・B組・アルゼンチン4−1韓国」(2010年6月17日@サッカー・シティ)
韓国がアルゼンチンに負けることは判り切っていたのだが、スコアがまずい。凡そ韓国らしくなく、守備的な試合の入りから不運な形で先制を許すと、似たようなパターンで2点目を失う。アフリカ勢のようなルーズ守備は早急に修正の必要がある。それでも前半ロスタイムに1点を返し、まだまだ試合になると奮起し、精神力とラフプレーで抗おうとしたが、メッシ1人に闘志までもが断ち切られた。アルゼンチンは不調のイグアインが結果を出したことも大きい。マラドーナ監督の選手交代もなかなか的確。

とりあえず全チームが1試合終えたところでの中間総括。
予想よりも良かったチームは南ア、韓国、米国、ガーナ、スイス、チリ。
逆に悪かったのはフランス、ナイジェリア、豪州、セルビア、カメルーン、イタリア、ホンジュラス。
ただ、南ア、韓国の評価は2戦目を経て変わった。
最悪放送局はまだ実況には手を出していないものの、特番の酷さから日テレに内定。
この時点でのベストゴールは開幕戦の南アMFチャバララ。次点がパク・チソンですかね。ベストプレイヤーは言うまでもなくメッシです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-17 23:37 | Football

無敵艦隊

岡田ジャパンの勝利を見届け、ほとんど寝ることなく仕事をしていたら猛烈に疲れが出てきました。
普段、朝6時くらいに就寝するおれは日本の一般的な生活時間とは少々ずれていて、どちらかというと南アの標準時に近いのですが、まだワールドカップは序盤ということで無理はせず、小休息。C・ロナVS象牙海岸をざっと見て寝ました。

「Match12・F組・NZ1−1スロバキア」(2010年6月15日@ロイヤル・バフォケン)
オールブラックスならぬ“オールホワイツ”が28年ぶりにW杯に登場。北朝鮮と並んで最弱かと勝手に思っていたが、ロスタイム弾で歴史的勝ち点「1」を獲得。

「Match13・G組・コートジボワール0−0ポルトガル」(2010年6月15日@ネルソン・マンデラ・ベイ)
日本人の大好きなクリスティアーノ・ロナウド登場。だが、予選段階のインパクトのなさを踏まえてかメディアもポルトガルの上位進出を推すことなく冷静な対応。スコアレスドローに終わったが、前半11分のあの上質のポスト直撃ロングが決まっていれば随分おもしろい試合になったのではと思ったりもした。

「Match14・G組・ブラジル2−1北朝鮮」(2010年6月15日@エリス・パーク)
ドイツとは対極で、ブラジルは初戦から全開ではいかない。
先制点の内容(北朝鮮GKのミス)、最終的なスコアから見れば、違った結果となる可能性もあったと思う。

休日の本日は珍しく午前中に起きたのでHAT神戸で北野武監督「アウトレイジ」を観賞。帰宅後、またW杯モードに入る。
「Match15・H組・ホンジュラス0−1チリ」(2010年6月16日@ムボンベラ)
TBSが生放送。日本戦の放映権を決める抽選に4大会連続で外れているからといって、この局の中継試合を選ぶ基準がよく分からない(←褒めてます)。今年2月の地震から復興のシンボルという形でチリ代表を取り上げていた。
ホンジュラスはかなり弱い。チリは運動量も多く、攻撃パターンも多彩だったが、フィニッシュが雑。あと3点は取れた試合を最少得点差で終えたことが後々響かなければいいが。

これからスペイン戦です。
e0042386_22552460.jpg
1982スペイン大会使用球「TANGO ESPANA」
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-16 22:58 | Football

岡田ジャパン大勝利

「Match10・E組・日本1−0カメルーン」(2010年6月14日@フリー・ステート)
e0042386_685847.jpg
岡田ジャパン、やりました!低評価にもじっと耐えてカメルーン撃破です。

4連敗した直近の強化試合と基本的な戦い方は同じ。松井→本田の欧州ラインによるゴールシーンはこの試合で日本のほとんど唯一の決定機だった。これを決めたから完勝のように言われるだけで、もし外してスコアレスドローで終わっていたなら、勝ち点「1」を評価する声よりも批判の方が大きかったはず。

ディフェンスでの数的優位をつくってボールを奪い、カウンター。起用する選手こそ土壇場でやや変わってしまったが、第二次岡田ジャパンがやろうとしているサッカーに変化はない。親善試合では見ていてまったくおもしろくないが、1点の持つ重みがケタ違いの“本番”では楽しめる。今回、価値があるのは狙い通りに相手を0点に抑えたこと。言ってみれば「0対0でいい」つもりだったわけで、1得点はうまくいきすぎたとか幸運だったと思うべきものだろう。

風向きはいい。内紛を抱えるカメルーンと初戦で当たった組み合わせも有利に働いた。あとは最終戦のデンマークに勝つことに集中すればいいのだから。
ゴールを決めた選手が日本代表の中では知名度のある本田ということで次戦以降、それなりに警戒されるだろうが、この選手をトップに置く場合、それなりにマークを引き連れてくれた方が“崩し”を担う松井、大久保にとっては都合がいい。“お騒がせ男”闘莉王が余計なことをせず、守備に徹したことも日本のためになった。
岡田ジャパン、負けると思っていましたが、この試合に勝った場合はグループステージを突破するとも見ていただけに、一気に楽観モードです。

開幕2日目、ポートエリザベスでの韓国戦の空席の多さを見て不人気ぶりを憐れんでみたところ、日本戦の方が観衆(30,620人)が少なくてちょっとショック。
リアルタイムでは某所でアナログ放送を見ていて問題なかったのですが、帰宅後、録画していた地デジ版を再生してみたところ、本田の勝利インタビュー直後から音声が途切れていた。録画機器が壊れたのかと一瞬焦ったが、どうも放送事故らしい。まだ岡ちゃんと本田のインタビューが拾えていたから良かったものの、NHKでは担当者の責任問題に発展するのでは?

「Match9・E組・オランダ2−0デンマーク」(2010年6月14日@サッカー・シティ)
これも日本にとって歓迎すべきスコア。次、カメルーンVSデンマークが引き分けてくれれば、なお良し。
「Match11・F組・イタリア1−1パラグアイ」(2010年6月14日@グリーン・ポイント)
イタリアは若手がまったくいませんね。グループ分けには恵まれましたが、連覇は無理でしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-15 08:14 | Football

JABULANI

W杯の使用球のレプリカ(1号球)を趣味で集めていまして、今回の「JABULANI」ももちろん確保しました。
e0042386_5343454.jpg
何かと評判の悪いボールですが、痛恨の失点を喫したイングランドはボールの所為ではなく明らかなGKのミス。ただ、グリーンをジェームスに代えたところで不安定なことに変わりはなく、CBキングの負傷交代も含めて今後に大きな不安を残しました。他の試合も振り返ってみたいと思います。

「Match3・B組・アルゼンチン1−0ナイジェリア」(2010年6月12日@エリス・パーク)
立ち上がりから圧倒したアルゼンチンが簡単に先制したが、その後は停滞。これはイグアインの不出来も無関係ではないが。アルゼンチンがマラドーナのチームではなく、メッシのチームだということを改めて感じた。
とはいっても、マラドーナの存在感は際立っている。タッチを割るボールをいちいち革靴で拾ってパスする仕草が実に画になる。後半32分、メッシが倒されてナイジェリアMFハルナにイエローが出た際、レーザー光線みたいなものが見えたのは気になるところ。

「Match5・C組・イングランド1−1米国」(2010年6月12日@ロイヤル・バフォケン)
好試合だっただけにグリーンの凡ミスが余計に目立った。
この試合を見て、イングランドが優勝するにはGK、CB、スーパーサブが足りないと思った。
アメリカは強い。ただ、この国が活躍しても喜ぶ人はいないのでは。

「Math6・C組・アルジェリア0−1スロベニア」(2010年6月13日@ピーター・モカバ)
低い弾道のシュートをキャッチしようとして後逸するというイングランドと似たような形でアルジェリアは失点。
スロベニアがW杯初勝利。おめでとう。

「Match8・D組・セルビア0−1ガーナ」(2010年6月13日@ロフタス・バースフェルド)
ガーナには勝つと思っていたが、我が愛しのセルビアは力負け。ドイツには勝てそうもないので、グループステージ突破が厳しくなった。
PKを取られたクズマノビッチのハンドには何も文句はないが、後半29分のCBルコビッチへの2枚目のイエローカードはいまいち納得いかない。数的不利になった途端、なぜか決定機を見出したりしてみたが、最低限の勝ち点1を確保できないあたりに旧ユーゴスラビアの面影を感じた。
ガーナは時間稼ぎ要員でクインシー・オウス・アベイエが登場。05年のU−20W杯オランダ大会でのこの選手(当時オランダ代表)のパフォーマンスはとにかく凄かった。

「Match7・D組、ドイツ4−0豪州」(2010年6月13日@モーゼス・マビタ)
スカパーに入ってないので未見。

さあ、本日はいよいよ日本の登場です。
最も重要なカメルーン戦。とにかく楽しみです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-14 06:52 | Football

アフリカT

ともだちから旅の土産を頂きました。
どこに行ったのか聞き忘れましたが、たぶんエジプトなのだと思います。
アフリカ土産です。
e0042386_1662982.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-13 16:06 | Fashion

糞転がし

e0042386_23184770.jpg
フンコロガシが印象に残りました。あと、ブブゼラが凄いですね。オープニング会場のサッカー・シティ、名前も外観もかっこいいです。

現在、アルゼンチンVSナイジェリアが始まったところですが、マラドーナのアルゼンチン、えらく強いですね。個人的には日本を別としてはアルゼンチンとセルビアを応援しているのでがんばってほしいです。アルゼンチンの優勝は絶対ないと思っていますが。

ここまでの3試合は生中継を見ることができましたが、開幕戦はおもしろい試合でした。
日本の主審が捌いたウルグアイVSフランスは全然おもしろくなかった。フランスは低調ですね。
韓国はギリシャに驚きの完勝。朴智星と金正友がすごく効いていました。ナイジェリアも良くないので、2位でのグループステージ突破が見えてきました。

「Match1・A組・南ア1−1メキシコ」(2010年6月11日@サッカー・シティ)
「Match2・A組・ウルグアイ0−0フランス」(2010年6月11日@グリーン・ポイント)
「Match4・B組・韓国2−0ギリシャ」(2010年6月12日@ネルソン・マンデラ・ベイ)
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-12 23:21 | Football

準備万全

予習。
e0042386_15523328.jpg
名鑑。
e0042386_15534714.jpg
ビールはCLモデルですが。
e0042386_15542697.jpg
南アW杯、いよいよ開幕。V予想は本命・イングランド、対抗・スペイン、オランダとしておきます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-11 16:01 | Football