ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ザ・湾岸ラーメン

ゆっくりご飯を食べている時間がないので、踊る大捜査線ラーメンを食べました。
e0042386_13213049.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-31 13:21 | Food

亀ガホン

めっちゃ応援してや!って言われてもねえ。
e0042386_12343677.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-30 12:34 | Box

W杯総集編

毎回、ワールドカップが終わると資料も兼ねて総集編の本を買っています。94年の米国大会以後、「ワールドサッカーグラフィック」のものを好んで購入していたのですが、08年に休刊してしまったので今回から残念ながら発売なし。発売されているものを立ち読みでざっと比較してみましたが、どれもいまいち。「ナンバー」を買ってみましたが、あまり好きではありません。
e0042386_20353731.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-29 20:35 | Football

Uバンダナ

セールでUのバンダナ3枚組というのを買ってみました。パソコンとかのカバーにいいかなと思ったのですが、それには少々高価だったかもしれません。
e0042386_16152356.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-28 16:15 | Fashion

ミハラCD

ポストにCDのようなものが届いていました。「はて、何か注文してたっけ?」と思いながら確認したところ、ミハラの今期カタログでした。
e0042386_16123870.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-27 16:12 | Fashion

三大世界前哨戦 大阪から世界へ!

e0042386_114114.jpg
「トリプル世界前哨戦」(2010年7月25日@大阪府立体育会館第一競技場)
◆Lフライ級10回戦
WBC世界同級10位:井岡一翔(井岡)○TKO9回1分57秒●比国フライ級8位:アルバート・アルコイ(比国)
◆53・0キロ契約10回戦
WBA世界フライ級王者:亀田大毅(亀田)○判定3−0●元世界ランカー:ロセンド・ベガ(メキシコ)
◆53・9キロ契約10回戦
前WBC世界フライ級王者:亀田興毅(亀田)○KO4回49秒●元WBC中米2階級王者:セシリオ・サントス(メキシコ)

TBSのバックアップはあるものの客入りの悪い亀田陣営、集客は抜群だが地上波放送の付かない井岡陣営。両陣営の利害が一致したことで実現した「亀田×井岡」の初コラボ。午前中から開場待ちの行列も凄く、発表された観衆は8200人。飲食店、グッズなどの出店も多く、試合内容を除けばそれなりに賑やかな興行だった。試合は13時開始で全7試合。井岡が2試合目、大毅が3試合目、興毅が4試合目に登場。1試合目から井岡ジムのホープ・石田匠(井岡)がタイ人相手に見せ場を欠く8回判定勝ちに終わり、全体的にダラダラと進行していった。

地上波進出初戦の井岡はこれでいいのか。非常に内容の乏しい世界前哨戦。
前戦での人生初ダウンの負の記憶か。持ち味の攻撃の連続性は消え、中途半端な距離で構える場面が増えた。ディフェンスも堅実さを欠き、心許ない。次戦で世界に挑むというには課題の多い試合。
ここ2試合のVTRを見せて大金を持って迎えれば王者は喜んで来日するのでは。そこに国内最短奪取という記録を打ち立てることは難しいだろうが、「6戦目での世界挑戦」という国内最短記録は成立する。

日本ではWBC世界フライ級王者の勇利アルバチャコフ(協栄/ロシア)が94年5月16日に後楽園ホールで小林宏(角海老宝石)を9回40秒KOで下して以来となる現役世界王者のノンタイトル戦に臨んだ大毅。もっとも、ノンタイトル戦をする必要性が感じられないが。
初防衛戦で元王者・坂田健史(協栄)と戦わなければならないという“縛り”のためか。どうせならベガと同程度の実力の挑戦者を探してきて防衛戦をすればいいのにと思うけど、それでは大毅の陥落を恐れる協栄陣営からストップがかかるのかな。
序盤の大毅は強かった。Sフライ級超というウェイトも考慮する必要があるが、攻撃が冴えた。左フック偏重だった攻撃バランスが良化。基本的には左フック(上下)、右ストレート(上)の単発パンチによるオフェンス構成なのだが、身体が流れないことでパンチの繋ぎが速くなり瞬間的なコンビネーションとして機能している。左ジャブ、フットワークも様になっており、停滞ラウンドの余計な失点を防ぐ。3回、ベガがスウェーで外せないほど伸びてダウンを奪った右ストレートがこの試合のハイライト。この時点では坂田や興毅よりも大毅の方が強いのではと思った。
しかしダウン後は攻撃センスを欠く“以前の”大毅に戻り、世界王者の実力を披露したとは言い難い判定勝ち。リングサイドの坂田は自信を深めただろうね。なお、今回は歌わなかった。

興毅の相手・サントスは計量で1・4キロオーバー。当日計量で58・2キロを超えた場合は試合中止を勧告されたが、57・6キロで一応試合は決行。当然のようにやる気はなくボディであっさり倒れてテンカウント。試合前日に来日、翌日に離日。日本滞在より飛行機に乗っている時間の方が長いというような状況では好試合を望めるはずもない。興毅の再起戦というだけの内容のない試合だった。
しかし、亀田史郎氏をテレビに映る側のリングサイド1列目に座らせたTBSの“演出”には笑ってしまった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-26 11:16 | Box

がじゅまるくん

e0042386_22204826.jpg
ガジュマルを頂きました。
育てるのがなかなか難しいのですが、昨年10月にフランフランで買ったものもまだ元気なので自宅にふた鉢飾っています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-25 22:21 | Others

関門トンネル

帰宅しました。
疲れました。
e0042386_2372379.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-24 23:05 | Others

KOKURA

e0042386_13321828.jpg

小倉駅に着きました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-23 13:32

機種変更

e0042386_12185714.jpg

先月、2年8ヶ月ぶりに携帯を機種変更をしました。
明日からちょっと自宅を離れるので送信テストです。カメラは800万画素にバージョンアップしました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-22 12:18