ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

黄金柱

サントリーの新烏龍茶「黄金柱ブレンド」を飲みました。ここ数日で日焼けしてしまいました。
e0042386_12222341.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-21 12:22 | Food

蠍T

SOPHの蠍Tシャツ。
e0042386_3355913.jpg
確か2年前くらいに南堀江の「Warm Gun」で買いました。今ではソフ関係は「SOPH.Osaka」で展開されていて、ここを訪れることもほとんどなかったのですが、「UNDERCOVER Osaka」の閉店に伴い、今期から「Warm Gun」でUの取り扱いが始まったことには少々驚きです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-20 03:36 | Fashion

鰤T

久しぶりにブリストルのTシャツを買いました。
黒と迷いましたが、ネイビーです。
e0042386_2423759.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-19 02:42 | Fashion

脇本雅行初メイン

 
e0042386_21213432.jpg
「En El Mundo Triunfare Boxeo vol.14」(2010年7月18日@高砂市総合体育館)
◆Sフライ級4回戦 中村竜太(高砂)○TKO3回57秒●定道渉(姫路木下)
◆ウェルター級4回戦 岡山翎洙(VADY)○TKO1回2分40秒●曽我部マルコス(松田)
◆58・0キロ4回戦 細田剛敬(高砂)○TKO1回2分31秒●踊瀬恵輔(タキザワ)
◆Sバンタム級8回戦 大堀晃司(井岡)△引き分け1−1△宮崎隆司(姫路木下)
◆58・0キロ8回戦 福原寛人(江見)△負傷引き分け1回56秒△木村毅(緑)
◆54・5キロ8回戦 村井勇希(Gツダ)●判定0−2○高野誠三(明石)
◆Lフライ級6回戦 小山健太(とよはし櫻)●判定1−2○戎岡淳一(明石)
◆ライト級8回戦 松田トモヤ(トヤマ)●TKO3回2分19秒○金井アキノリ(姫路木下)
◆58・5キロ10回戦 脇本雅行(高砂)○負傷判定8回42秒3−0●池田善彦(Gツダ)

久しぶりにボクシング観戦です。
この会場へ夏場はきついです。宝殿駅から歩いて向かう途中に疲れました。さらにはラウンドガールが酷くて疲れ倍増。
e0042386_21214529.jpg
隣接するハンカチメモスタでは毎度のように甲子園予選を開催中。この炎天下において野球を観る人の気が知れません。
e0042386_21215390.jpg
高砂市総合体育館。

中村は高砂に移籍してから随分良くなっている。来年は新人王出場?
岡山はコーナーポストに登って世界王者の西岡選手のようにポーズをとっていたが、被弾も多く文句なしに圧勝という内容ではない。こういう選手こそ新人王戦に出ていればおもしろいのだが。
細田の速攻は休憩していて見損ねた。
大堀はノーガードで挑発するより打っていけという試合。宮崎は根性があった。ドローは妥当。
岡山の田舎のジム所属で兵庫のリングを主戦場とする実力者・福原。常にアウエーの戦いを強いられ、それが7ドローという戦績に表れているが、この日は開始直後のバッティングで終了。厳しい練習と減量を耐え抜き、わずか56秒で何も見せることなく試合終了というのは残酷だが、今回は加害者なので仕方ない。
村井は惜敗、戎岡は辛勝と日本ランカー2人に明暗。両試合とも決定打がなく、どちらとも取れる内容だった。判定は兵庫県西部に本拠を置く明石ジムにやや有利に働いたかな。高野は巧いのだが、物足りない。戎岡はパンチを貰いすぎ。
5月の伊波ファン・カスティーヨ(真正)戦で衝撃的な復活を遂げた“姫路のKOキング”金井。日本ライト級7位にランクされ、俄然期待が高まるところだったが、前戦とは別人のようにスピード、キレを欠いた。2回には13勝12敗の相手の連打を受け、鼻血を流す。3回も劣勢が続いたが、右カウンターでダメージを与え、大きな右フックで相手をよろめかせたところでストップ。なんとか再起3連続KOこそ飾ったが、この日はただパンチが強いだけの選手でしかなかった。
4月、井岡一翔(井岡)の3戦目の前座で熊谷謙志(とよはし櫻)に判定完勝して日本ランク入りした脇本が初のメイン。入場曲が「Let's Get Loud」だった!初回から左ストレートと左アッパーをガードの隙間を狙って打ち込んで圧倒していたが、2回にバッティングで左目上から流血。乱戦を望む池田の狙う展開となったが、終始、有効打で上回りペースを渡さなかった。8回、この試合2度目のドクターチェックでメディカルアドバイスにより負傷判定へ。スコアは79−75×2、78−76。パンフによると次戦は10月10日、神戸FMで8回戦とのことだが、出血が酷かったので無理かもしれませんね。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-18 23:51 | Box

JOBULNI

2010年南ア大会決勝使用球「JOBULANI」のレプリカです。
「JABULANI」は普通にありふれていますが、「JOBULANI」は結構珍しいかもしれません。
e0042386_11182598.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-18 11:19 | Football

2010南アフリカ

AFAのマラドーナへの続投要請表明(4年契約)には驚きましたが、マラドーナは暇になるといつ死んでしまってもおかしくない生活に逆戻りしてしまうので、真っ当に生かしておくには代表監督をさせておくのが一番という発想か。2014はブラジルが舞台となるだけに絶対に必要な最重要人物。個人的には一旦、まともな監督に交代させておいて本大会に満を持して登場というかたちが望ましいと思いますが。見たいですね、ブラジル対アルゼンチンの決勝戦。
以下、2010年大会の感想。

入場時、使用球を主審がピックアップして入って行くのがかっこいい。
刺青の選手が多すぎる。どうにかならんか。
ハンドをするとほとんどイエローが出るようになった。
ゴールに関わる致命的な誤審が目立った。
大会後半、ピッチの消耗が目立った。
ユニフォームがほぼアディダス、ナイキ、プーマの3社で独占。おもしろみがない。
ナイキのスパイクの配色がダサい。
NHKのテーマソングがダサい。
最悪放送局はやはり日テレ。

フォルランのMVPは痛快。スペインとオランダ、嫌われてますねえ。
個人的には(MVP候補に入っていませんが)カシーリャス。MVPは決勝前にFIFA技術委員が候補10人を挙げた中から決まりますが、これに聖イケルが入っていれば普通に選出されてたんじゃないかな。バルセロナを目指すチームのキャプテンがなぜレアルなのか終始疑問に思っていましたが、決勝戦のスーパーセーブ、決勝トーナメントでの無失点がその正当性を示していました。イニエスタおよびシャビがMVP受賞でも文句ありませんでしたが。
ゴールデンブーツがアシスト数も考慮してひとりに限定されるのは初めて知りました。これもスペインとオランダが漏れて笑いました。

ベストマッチは準々決勝のアルゼンチンVSドイツ。どうして4点差の試合が最高試合なのかと言われそうだが、これ以上にスリリングな試合もなかった。2点目が入るまでのアルゼンチンの攻撃、ドイツの守備の真っ向勝負が見応えありました。次点が準決勝のドイツ×スペインですね。

ベストゴールは韓国戦でのスワレス(ウルグアイ)のテクニカルな2点目。2位が準決勝でのファン・ブロンクホルスト(オランダ)のロングシュート。3位はデンマーク戦の本田圭佑(日本)の無回転FKです。
e0042386_11134783.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-18 11:13 | Football

スペイン初優勝

「Match64・決勝・オランダ0−1スペイン」(2010年7月11日@サッカー・シティー)
王者・スペインの何がすばらしかったのかってノックアウト・ステージをすべて1−0で勝ってきたことでしょう。チーム・コンセプトとは異なる結果かもしれませんが、これを狙って守備を固めたチームが一時的に結果を出しながらも続々と潰れていく中で攻撃サッカーを貫き、優勝を掴んだことに意義があります。大会を通してゴールを決めた選手がわずか3人というのも珍しい。ユーロ08とは異なり、この国が伝統的に抱える決定力不足という課題とともに突き進んだ歴史的勝利でした。

優勝経験のない両国だったからこういう試合になってしまったのか。
勝利への執念は十分すぎるほど感じたが、気品も優雅さも余裕もないワールドカップ決勝。プレミアの主審らしいジャッジで、いつ崩壊してもおかしくない試合を辛うじてコントロールしていた(最後に大誤審してしまったが…)が、ファウルとダイブとカードに彩られた試合だった。特にオランダは見苦しい。人相の悪い選手が多いことも無関係ではないが、ひっきりなしに抗議ばかりしている。デヨングの飛び蹴りなんてあんなの韓国人でもやらんぞ。

準決勝とは逆にペドロを右に置いてファン・ブロンクホルストと対峙させたスペイン。後半にはドリブラーであるナバスに代えて標的をより鮮明にした。これに対し、オランダは左ウイングをカイトからエリアに交代。ナバス対策を守備で施すのではなく、高い位置でのアタックで葬ってしまおうという積極策に出た。
しかし、これが失敗。エリアは機能せず、守備面で貢献していたカイトを欠いたことでペースはますますスペインのものとなる。それでもタテ一本で2度ほど決定機(どちらもピケのミス)が生じたが、ロッベンがGKとの1対1を決め切れない。
ギャンブルに出て当たらなかったオランダの1枚目の交代カードは仕方ないにしても2、3枚目は意図の見えないもの。結局、デヨングを下げて交代枠を使い切った後でハイティンガの退場が起こり、ファン・ボメルを最終ラインに落とすしかなく、オランダサッカーを支えるボランチが消えた。それでも失点は避けてPKまでいくかと思ったが。

ゴールシーンはチームのパス・サッカーにひとり付いていけずにいたトーレスが策もなくクロスをあげたから生まれたもの。オランダは直前のCKを取ってもらえなかったこと(完全な誤審)、トーレスのクロス時のイニエスタのポジションがオフサイドと取られてもおかしくなかっただけに猛抗議していたが、散々汚いサッカーを繰り返してきただけに同情の余地がない。とりあえずはこの結末で良かったかと思ってます。

夢の祭典はまた4年後。
e0042386_2381791.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-12 23:08 | Football

adidas×SEGA

先日、商業施設のゲームコーナーで時間を潰していたところ南アW杯使用球「JABULANI」のレプリカのUFOキャッチャーがあったので挑戦してみました。ブラジルカラーやアルゼンチンカラーなど色の付いたものもありましたが、狙うはもちろんオリジナル。店員を呼んで、オリジナルを取りやすい位置に設置してから開始しました。
2、3回(1回200円)でゲットできると思っていたのですが、まったく取れん。1000円以上投入したところで親切な店員がアドバイスしてくれたのですが、またも失敗。結局、触れば落ちるという4歳児でも獲得できそうな超イージーな位置に景品を動かしてもらってようやく手にすることができました。2000円以上使ったな。
この純正レプリカ、スポーツ店などで普通に2000円くらいで売ってますからな。しかもおれ、すでに持っているし。訳のわからん金の使い方をしてしまいました。
e0042386_165982.jpg
「Match63・3位決定戦・ウルグアイ2−3ドイツ」(2010年7月10日@ネルソン・マンデラ・ベイ)
3位決定戦、地上波放送権ないのね。岡ちゃん、ベスト4が目標って言ってたのに。
得点王が4人というのは嫌なので、決勝はビリャのゴールを期待します。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-11 16:11 | Football

湾岸君

最近は「ガリガリ君」ではなく、これを1日2本くらい食べています。
「踊る大捜査線 3」とコラボ中のローソンしか売っていないので行くたびに5本くらいまとめて買ってます。レインボーソーダラムネ入りなのですが、おれが子供の頃に食べていた松尾製菓(チロルチョコ)の「しっとるケ」というアイスを思い出しました。
e0042386_16525523.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-10 16:52 | Food

天巧

日本酒をいただきました。
e0042386_1647693.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-09 16:47 | Food