ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Zacジャパン

ここにきて、ザッケローニとは驚きましたね。
個人的には失敗に終わると思いますが、日本協会史上最大級の“大物”招聘&初のイタリア人指揮官ということで前向きな未来が見えないわけでもありません。何も知らない一般国民からも「無能」と罵られる中、原博実技術委員長は限られた予算内で9月4日の期日を過ぎることもなく仕事をしました。よくがんばったと思います。
そもそも「慶應・三菱」の会長が代わらなければ普通にブッフバルトで決まっていた話を岡田ジャパンの躍進とともに復権してきた「早稲田・古川閥」が差し戻したことからややこしい方向に動いたものだと勝手に想像します。早稲田卒ながら「三菱」でもある原委員長に難題を押しつける。ビエルサ、ペケルマンなどの名前が出てくる時点ですんなりとは決まらないと覚悟しましたが、まあ、昏迷に陥る前に片付いたことは良かったのではないでしょうか。

とはいいましても、これって絶対に原委員長のチョイスではありませんね。4バック狂信者のヒロミ委員長が「3−4−3」の熱心な信奉者であるザッケローニを選ぶはずがない。またどこからか別の力が働いているのでしょう。

ウディネーゼ率いるザッケローニがイタリア式「4−4−2」で戦っていた96/97シーズン。第27節のユベントス戦(アウェー)でDFに退場者を出しましたが、前線の枚数を減らさず「3−4−2」で戦い、カウンター3発でユーベを沈めてしまいました。3バック、フラット4中盤でユベントスに勝てるということで以来、ザッケローニは「3−4−3(3−4−1−2)」を好んで用い、ミランでスクデットを獲ってしまったことを除けば失敗が続いているという印象です。ビアホフはおらず、「3−4−3」の土壌もない日本に適しているとは言い難い戦術です。

報道合戦についてですが、28日朝刊で一番最初にザッケローニの名前を挙げたトーチュウはしっかり30日にもフォローしており大勝利。続いて30日付で「決定」と打ったスポニチとデイリーもほぼ同点。思えば4年前、オシムの時はトーチュウとデイリーの同着でした。
e0042386_5394873.jpg
問題は日刊の大誤報です。1日前なら“飛ばし”で済ますこともできなくはないですが、このタイミングでしかもご丁寧に1面に持ってくるとは近年のスポーツ新聞では最大級の誤報でしょう。
e0042386_5414152.jpg
「2日の代表招集に合わせて来日する予定」、「原委員長の手際の悪さ」、「マティルデ夫人も『日本でもどこでも、夫が決めたところにはどこにでもついて行く』」、「協会の不手際」などの痛々しい記述から確信犯的な何者かの偽リークがあったものかと思われますが、少々不可解です。
実はペケルマン氏も本当に来日していて、J2陥落の危機にある神戸やパープルサンガのようなヘンテコリンなクラブと極秘会談を持つのでした、というオチなら大笑いしてしまいますが。

というわけで、今回の次期監督報道で気に入った“飛ばし”ですが、個人的には文句なしに「ファン・バステン・ジャパン」(日刊)ですね。実現しないことは百も承知でも夢のある話です。逆に最低だったのが「クーマン・ジャパン」(報知)。これは的外れだし、ふざけているにしてはセンスなさ過ぎでしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-31 05:50 | Football

パン屋襲撃

ひと仕事する必要があったので珍しく朝7時に起きてみましたが、頭はまったく働かず。とりあえず食料としてパンを買ってきました。リミットまでもう少し時間があるので、パンを食べたらひと眠りしようかと思います。
e0042386_16335141.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-30 16:34 | Food

あの伝説が北京で甦る!

e0042386_23385952.jpg
「ベスト・キッド」(2010年・米国)
監督:ハラルド・ズワルド 出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン

ジョン・ギルバート・アビルドセン監督の1984年の同タイトルの作品のリメイク。
舞台がカリフォルニアから北京になり、ミヤギ先生は日本人から中国人になり、主人公が黒人のチビとなり、ヒロインが美少女ではなくなり、空手がカンフーになってしまったが、オリジナルのスピリッツは一応受け継がれている。突っ込みどころは多々あるが、ウィル・スミスが息子を主演させることを前提に製作したことを考えれば、大方片付く。余程ウィル・スミスの息子が嫌いでない限り、その楽しみ方は異なるが、オリジナルを見ている人、見ていない人、どちらも楽しめる。
オリジナルでパット・モリタ(薬師寺保栄、戸高秀樹を世界王者に導いたマック・クリハラの従兄弟)が演じたお師匠様にジャッキー・チェン。アクションシーンはほとんどないが、ジャッキー・チェンもこういう役を演じる時代になったのだなと思うとなかなか感慨深い。
北京が舞台だから紫禁城や万里の長城などがストーリーと無関係に出てくる。加えてオリジナルを尊重するあまりヒロインとの恋物語が中途半端に描かれるため、上映時間が140分と不要に長過ぎるところがよろしくない。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-29 23:39 | Movie

A.P.C.

このところ履いていた物の色落ちがなんとなくいまいちに思えたため、特に意味もなくA.P.C.のデニムを買ってみました。しばらくは寝る時にでも履いておこうかと思いましたが、それにはまだまだ暑すぎますな。
e0042386_6124659.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-28 06:13 | Fashion

2000.8.27 Osaka

e0042386_1648535.jpg
「WBC世界Sフライ級タイトルマッチ」(2000年8月27日@大阪府立体育会館第一競技場)
王者:曺仁柱(韓国)●判定○同級4位:徳山昌守(金沢/北朝鮮)

今、思えば不思議なことですが、戦前の予想は圧倒的不利でした。しかし試合は開始から完全に挑戦者のペース。4回に右ストレートでダウンを奪い、ワンサイドの判定で王座奪取に成功しました。長期政権の幕開けです。
当時、東京在住でしたが、入社に関する手続きのため大阪を訪れていて会場で観戦することができました。あれから10年が経ちました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-27 16:48 | Box

TOUR DE FRANCE 2010

ステージ優勝なしでコンタドールが無難に連覇した今年のツールはいまいちでしたが、別冊付録目当てで「サイクル・スポーツ」を購入しました。例年なら開幕前の7月号に展望が付録で付いていたのでしたが、今年はよくわからない公式プログラムとかいうのが発売されたためなくなりました。7月号も公式プログラムも買ってません。
e0042386_2245047.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-26 22:04 | Cycle

ツニャカオ×大場 2

e0042386_819257.jpg
「東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ」(2010年7月11日@名古屋国際会議場イベントホール)
王者:マルコム・ツニャカオ(比国/真正)○判定●WBC世界同級5位:大場浩平(大一スペースK)

CBCで名古屋ローカル録画放送。3、6、8回がカット。
両者は06年2月5日に同会場で対戦。三者三様のドローに終わっているが、これは“名古屋判定”だと言われている(おれは未見)。
再戦となる今回、大場は初回から左フックを打ちながら飛び込み、顔面に右をダブルで持っていくなど仕掛けたが、丁寧なブロッキングとリターンパンチで応戦するツニャカオのヒットが上回り、序盤の主導権支配に失敗。それでもボディを打たれることを嫌うツニャカオの腹を叩き、4回あたりには一応の効果を見せる。しかし、上体を屈めてボディを狙うことでただでさえ悪い打ち終わりの姿勢とガードがさらに悪化。スピードの優位性も発揮できず、構えの崩れないツニャカオに左ストレートを狙い打たれた。
公開採点制のため懸念された名古屋判定もなし。というか、ジャッジ全員が116対112という極めて真っ当な採点でツニャカオの防衛を支持した。世界王者時代のスピード、キレはないものの、ツニャカオの技術はまだまだ高い。順当な結果でしょう。

前座では児玉善徳(畑中)がプロデビュー。愛知・亨栄高出身の児玉はアマ52戦43勝(18RSC)9敗。08年彩夏到来埼玉総体フェザー級優勝、09年セルビア・ゴールデングローブ・フェザー級金メダル&MVPの実績を持つ。沖田陽彦(正拳)から左ストレートでダウンを奪い、初回2分57秒KO勝ち。思い切り打ち込む左ストレートに威力がありそうだが、それ以上に田舎のヤンキー丸出しのルックスにインパクトが残った。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-25 23:59 | Box

秋味

全然秋ではありませんが、もう「秋味」です。
e0042386_16594392.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-24 23:59 | Food

猛暑

毎日暑いので疲れました。
e0042386_14211591.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-23 23:59 | Others

長居から住吉区民センター

住吉区民センターを訪れるのは2回目。
南海高野線を使うのが煩わしいので、御堂筋線から目指す。時間に余裕があったので長居で降りたのが大失敗。a-nation開催日だった。鬱陶しいことこの上ない。約20分歩いて住吉区民センター到着。
e0042386_14471098.jpg
メインを張れる選手の敗戦が続く真正ジムだが、BS日テレの放送があるため興行は少なくとも2ヶ月に一度開催する必要がある。当然ながら駒不足に陥り、メインは“借り物”の大沢宏晋。しかし大沢って、関西のプロモーターにとって使い勝手の良い選手ですな。いろんな興行でメインを任せられている。

「REAL SPIRITS vol.9」(2010年8月21日@住吉区民センター大ホール)
◆フライ級4回戦 川崎良晃(SFマキ)●判定0−3○小柳一樹(倉敷守安)
◆フェザー級4回戦 川東大道(クラトキ)○TKO3回1分32秒●山本淳央(神拳阪神)
◆54・5キロ契約4回戦 波田賢汰(真正)○TKO3回終了●北村忠靖(陽光アダチ)
◆Sバンタム級4回戦 長谷川修平(SFマキ)○TKO1回30秒●入江弘樹(京拳)
◆バンタム級4回戦 矢野浩章(黒潮)●判定0−3○森分亮次(中外)
◆56・5キロ契約6回戦 山口伸也(真正)○TKO3回2分30秒●松原章訓(倉敷守安)
◆Sフェザー級8回戦
伊波パブロ・カスティーヨ(真正)△引き分け0−1△伊藤康隆(中日)
大沢宏晋(大星)○判定2−0●アブラハム・ロドリゲス(メキシコ)

セミ、メインのSフェザー級8回戦は許容範囲ではあるが、赤コーナー側にやや有利な判定決着。
5月22日、神戸市立中央体育館での前戦の内容が良かったカスティーヨ弟は2回に右ストレートを浴びて尻餅をつくダウン。伊藤は戦績は悪いが、05年新人王戦のフェザー級西軍代表選手で実力もある。パブロの打ち終わりをうまく狙っていた。試合後半は激しい打ち合い。両者、脚を止めて真っ正面から打ち合う気持ちの入った試合を続けた。試合終了後、伊藤の応援団から「勝ったぞ。ダウン奪って相手はマウスピース3回落とした」という声が上がったが、ピースは4回落としたと思う。それでもパブロも退かずによくがんばった。
一方のメインは退屈な展開。WBC世界フェザー級13位のロドリゲスは33戦21勝(9KO)9敗3分という戦績が示すように攻略不能な選手ではない。スピード、フットワークで上回っている大沢だったが、パンチを警戒して下がってばかりで世界ランクを奪いにいくというには気迫不足。大沢陣営は相手のホールディングをさかんに主張していたが、実際は大沢の方から掴みにいっている場面が多かった。両者、決め手のないまま判定へ。いくらBSとはいえ、この試合をフルラウンド放送するのはちょっと厳しいかな。世界ランク入り?の大沢は試合後、号泣。なぜかWBCからメダルを授与されていた。
都合によりツダ主催の夜の部は観戦せずに会場を出ました。
e0042386_15243383.jpg
それにしてもセレッソ大阪強いですね。金鳥スタジアムに早く一度行ってみたいです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-08-22 15:27 | Box