ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

新人王対抗戦でダブルノックダウン

「新人王西日本・中日本対抗戦」(2010年9月19日@大阪府立体育会館第二競技場)
◆ミニマム級4回戦 伊藤秀平(真正)○判定3−0●北原和馬(畑中)
◆Lフライ級4回戦 村井貴裕(守口東郷)○判定2−1●菖蒲晋也(松田)
◆フライ級5回戦 角谷淳志(金沢)○KO2回1分29秒●岡本匡史(畑中)
◆Sフライ級4回戦 横山集(明石)●判定1−2○田中裕士(畑中)
◆バンタム級5回戦 大村起論(ハラダ)●判定0−3○柘植雄季(駿河)
◆Sバンタム級5回戦 西口直輝(森岡)●判定1−2○松本章宏(カシミ)
◆フェザー級5回戦 岡島広和(オール)△引き分け1−1△村松翼(駿河)
 ※新人王規定により岡島の勝者扱い
◆Sフェザー級5回戦 藤木孝史(新日本大阪)●KO1回1分16秒○藤澤光祐(大一SK)
◆ライト級5回戦 徳永幸大(ウォズ)○TKO5回3分2秒●田村将道(三河)
◆Sライト級4回戦 岡本和泰(奈良)○判定3−0●内山篤(松田)
◆ウエルター級4回戦 向真一郎(SFマキ)○TKO4回2分11秒●堀隆弘(HEIWA)

西日本開催だったので新人王対抗戦を観戦しました。
低調な西日本決勝から判断する限り、中日本の勝ち越しかと思っていましたが、終わってみれば西日本の7勝(うち1勝は引き分け勝者扱い)4敗。西日本が序盤に地元判定をしていたことも無視できませんが。
当初、10月23日とアナウンスされていた西軍代表戦は24日に開催日を訂正。というわけで、国技館での「WOW FES」と被ってしまうので観戦しないことが確定しました。
この日の勝者を振り返っていこうと思います。なお、西日本新人王時と評価が変わった選手もいます。
評価は以下の通りです。

A…将来性抜群。世界を狙える逸材。
B…かなりの好素材。日本、東洋に届く。
C…好選手。全日本新人王戦は勝って不思議でない。
D…対戦相手の力量、調子次第では全日本新人王も獲れる。
E…西軍代表になれれば言うことなし。

★ミニマム級 伊藤秀平(真正) D
8戦8勝(2KO)。20歳。右ボクサーファイター。
3戦3勝(3KO)の相手にスピードで勝った。体格で劣りながらも、ジャブの差し合いに負けず、出入りを激しくして右ストレートを好打。ともに右で効かせる場面があったが、効かされた後には必ず効かせ返していた伊藤が試合を支配。西日本決勝からの成長を伺わせた。

★Lフライ級 村井貴裕(守口東郷) E
6戦4勝(2KO)1敗1分。18歳。右ボクサーファイター。
ただ前進して右フックを上下に打ってくる平凡なファイター相手に終始劣勢。しかし、判定はスプリットの勝利。驚いた。試合後、敗者陣営がコミッション席へ抗議に向かっていたが、当然でしょう。

★フライ級 角谷淳志(金沢) C
8戦7勝(5KO)1敗。25歳。右ボクサー。
初回からシャープなジャブとフットワークでペースを掌握。ラウンド終盤、相手の起死回生の左フックを貰ってダウンしたが、2回も打ち合いを避けず、見事な連打からの右ストレートでダウンを奪ってKO勝ち。

★Sフライ級 田中裕士(畑中) D
3戦2勝(1KO)1分。18歳。右ボクサーファイター。
亨栄高ボクシング部出身。08国体フライ級、09年選抜バンタム級で3位の実績を持つ。パワーレスだが、手数は多く、打ち終わりにパンチを返す意識が高い。判定で完勝と思いきや、スプリット。会場の空気を感じ取ったのか、これ以降は不当判定は消えた。

★バンタム級 柘植雄季(駿河) B
6戦6勝(4KO)。19歳。右ボクサー。
中日本MVPの柘植は出場選手では別格の完成度。静岡のジムにこのような選手がいることに驚いた。構えがしっかりしており、何より目がいいのでほとんど被弾がない。相手が雑になった2回終盤には左フックを合わせてダウンを奪う。最終回に倒しにいかなかった点を除けば、文句のつけようのないデキ。全日本制覇は堅いように思う。

★Sバンタム級 松本章宏(カシミ) E
6戦6勝(2KO)。19歳。右ボクサーファイター。
両者、決め手を欠いて判定決着。前半戦、積極的に攻めた松本がジャッジの支持を得たが、Sフライ級までの判定基準なら負けてたかも。

★フェザー級 岡島広和(オール) D
8戦6勝(3KO)2分。25歳。右ボクサーファイター。
岡島は調整失敗なのか動きが重く、強打も不発。どちらも決定打がないまま判定に持ち込まれ、岡島が引き分け勝者扱い。

★Sフェザー級 藤澤光祐(大一SK) D
7戦6勝(4KO)1敗。21歳。右ボクサーファイター。
初回、両者の左フックが交錯し、ダブルノックダウン。ともにダメージでふらつきながらも立ち上がり、試合再開。リスク承知で左フックを打ち合い、2回目のダウンを奪った藤澤がKO激勝。左フックが強い。

★ライト級 徳永幸大(ウォズ) C
5戦5勝(5KO)。21歳。右ボクサーファイター。
西日本MVPの徳永が試合終了直前に連打からの右フックでダウンを奪う。カウント途中にストップとなり最終回3分2秒TKO勝ち。徳永はデビュー以来5連続KO勝利。スピードと接近戦での攻防がやや物足りないが、決定力と勝負強さは見事。

★Sライト級 岡本和泰(奈良) D
5戦5勝(2KO)。23歳。右ボクサーファイター。
対戦相手の内山はWBA世界Sフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)の実弟。アマ経験があるらしいが、基本に忠実で力強いボクシングの兄とは似つかない変則フットワーカーだった。ピョンピョン跳ねながら鋭さを欠くパンチを狙うが、岡本は落ち着いてこれを迎撃。危なげなく判定をものにした。

★ウェルター級 向真一郎(SFマキ) D
7戦6勝(5KO)1敗。25歳。右ボクサーファイター。
初回から打ち勝ち、最終回に連打でストップ勝ち。

★ミドル級 井上博登(高砂) D
5戦4勝(2KO)1敗。27歳。右ボクサーファイター。
中日本のエントリーがなく不戦勝。

対抗戦では三賞がありませんが、個人的に選定しておきます。
MVP:柘植雄季、技能賞:角谷淳志、敢闘賞:藤澤光祐

KOが多く、おもしろい対抗戦でした。
西軍代表決定戦はフードパル熊本で開催。西部日本新人王はキャリアの少ない選手も多く、4回戦も増えるでしょう。敵地ということも考えると、序盤から仕掛けていくのが鉄則です。
e0042386_23464574.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-30 23:59 | Box

つぶつぶ

ポンジュースの「つぶつぶ愛媛みかん」を飲みました。ぷちぷちしています。
e0042386_2313638.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-29 23:13 | Food

民生廣東料理店

神戸・南京町の「民生廣東料理店」監修のブレンド茶を飲みました。
e0042386_16512755.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-28 16:52 | Food

明暗

e0042386_7352942.jpg
「WBA世界フライ級タイトルマッチ」(2010年9月25日@東京ビッグサイト東4ホール)
王者:亀田大毅(亀田)○判定●同級5位:坂田健史(協栄)

距離を取る王者を追う挑戦者。クリンチの多い試合。接近戦での攻防がポイントを左右する。判定決着。
展開は大方思った通りでスリルのない試合だったが、勝敗を読み違えた理由をふたつ挙げておきます。
・3回、バッティングによる坂田の右目上のカット
・ラスト4ラウンズのポイントの行方

右眉付近のカットに関してはストップに直結するものではなかったが、出血が酷かった。クリーンヒットの少ない消耗戦では、あの流血は劣勢の印象を与える。加えて血が目に入ることで視界が閉ざされ、攻防に支障が出た。試合後半、坂田のパンチの精度は極めて低かった。手数では圧倒的に上回っていたが、あれだけ空振りが多ければ、マイナスイメージにも繋がる。というようにジャッジにも影響しかねない不運なカットだったのだが、キャリアに勝る選手がこういう事態に追い込まれていては話にならない。

終盤戦は坂田が追い上げるかと思っていたが、まったく逆。亀田が完全にポイントを押さえた。結局のところ、王者陣営が試合前に想定していたことを超える現象がリング上で起こらなかったということ。坂田の戦術とスタミナを見切り、事前に立てたファイトプランを遂行。ジャブ、クリンチ、ブレイク際での左右ショートフック、近距離でのスピード重視のパンチなど亀田がこの試合に向けて用意したものはラウンドが進むに連れて機能した。一方の挑戦者はスタミナに任せた愚直なアタックを繰り返すしかない。坂田の終盤の失速は「体力の限界」というよりは「スタイルの限界」。亀田が終盤を制し、試合に勝った。

パーフェクトな内容ではないので「完勝」とはちょっと違うが、亀田の「楽勝」といったところ。おれの採点は116対112で亀田。ただし、7回終了時は坂田が1ポイントリードしていた。

亀田は左ジャブの差し合いで優位に立ったことが大きかった。ジャブの威力で勝るだけではなく、スピード、精度でも上回った。ジャブで負けている坂田は踏み込むタイミングが崩れ、続く右ストレートの伸びも欠いた。無理に入ったところでクリンチに封じられた。
亀田はダメージを与えるパンチとして打ち終わりを狙う左フック、ジャブに合わせる右クロスも用意していたが、これらは不発。特に坂田の弱点である右クロスは「大毅、ジャブに右被せえ!」という亀親父の大声での指示が頻繁に拾われていたようにかなり練習していたはず。しかし、合わせられなかった。大毅は負けない選手として成長しているが、やはり攻撃力が物足りない。
TBSは亀田史郎氏の座席付近に集音マイクを設置していたのだろう。どうせならテレビに映る席に座らせれば良かったのに。とりあえず、V2戦に内藤大助(宮田)というのは勘弁してほしい。
e0042386_7354773.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-27 07:49 | Box

飛鳥ヱビス

クルーズ客船「飛鳥2」は神戸港・中突堤に停泊しているのを時々見かけます。
「ヱビス ASUKA CRUISE まろやか熟成」を飲みました。
e0042386_23401842.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-26 23:40 | Food

「大毅VS坂田」予想

「WBA世界フライ級タイトルマッチ」(2010年9月25日@東京ビッグサイト東4ホール)
王者:亀田大毅(亀田)VS同級5位:坂田健史(協栄)
e0042386_6524937.jpg
坂田に上積みは期待できないとしても、王者時代同等の力があるという前提で、おれの予想は、大毅が打ち合いに応じるなら坂田のはっきりとした判定勝ち。大毅がアウトボクシングを展開するのなら坂田の僅差判定勝ちというもの。結局のところ坂田の判定勝ちということになるのだが、大毅はまず間違いなくアウトボクシングをすると思う。といっても、華麗なフットワーク、ボディワークなんてものは持ち合せていないので、左ジャブをどれだけ打てるかということなのだが、これに加えて強い右ストレートまで備えていれば、坂田の入り際を捕らえてKO勝ちも狙えるだろう。ジャブを打ち散らし、入られたらクリンチという作戦と見た。
おかしな判定を懸念する人もいるようだが、ちょっと考えてみてほしい。亀田家のプロボクシングにおける過去3敗(内藤戦の大毅、デンカオ第1戦の大毅、ポンサク戦の興毅)を。おかしな判定が発動していれば勝敗がひっくり返っていても不思議ではなかったことを。日本ボクシング史において疑惑の判定と最も関わり深いのが協栄であることを。例えば興毅VSランダエタ第1戦。当時、亀田興毅は協栄所属だった。
今回のスーパーバイザーを務める韓国人は、デンカオセーン・カオウィチット(タイ)への大毅のダイレクト・リマッチを認めた張本人だけに油断はできないが、とんでもない判定が出ることはないように思う。

おそらくフルラウンドいくだろうし、WBAの世界戦なので、試合途中での公開採点もない。視聴率は結構取るような気がします。しかし、これで坂田が前半で倒されたら本当に悪夢だな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-25 07:24 | Box

布巻峻介 早稲田TA入試合格

早稲田大学スポーツ科学部が9月24日、2011年度の「トップアスリート入試(AO方式)」の合格者7人を発表しました。“高校ラグビー最後の大物”7人制日本代表の東福岡CTB布巻峻介が合格です。

早稲田の「TA入試」は、
「本入試制度では、スポーツ科学に強い関心を持ち、オリンピックや世界選手権等、国際舞台での活躍を期待できる、優れた潜在能力をもつスーパーアスリートを求めています。この入学試験によって入学した学生には、アスリートとしてのみならず、将来の日本スポーツ界をリードする人材となってもらいたいと願っています」
という大層な目的で07年度から実施されており、今回が5期目。1期生は福原愛ちゃん(中退)やフィギュア武田奈也や巨人にドラフト指名されながら拒否した甲子園優勝投手など錚々たる顔ぶれ。ラグビーでは布巻が5年目にして初の合格者となりました。

というのも、出願資格のひとつに
「出願時点で、オリンピックや世界選手権への出場経験、あるいはオリンピックや世界選手権出場につながる国際的レベルの競技大会への出場経験、もしくはそれに相当するレベルの競技能力を有すること」
という項目があるため、どうしても五輪種目が優先になる。だから硬式野球はこの先、無縁の世界。しかしラグビーはここにきてセブンズがリオ五輪で正式種目に採用。そこから、この「布巻獲得計画」が描かれたのでしょう。
まあ、何はともあれ、今季の早稲田のBK主力は4年生ばかりなので心強い補強。これで「4年先まで安泰じゃ」と大げさに言ってみる。

本屋に行ったら「日本ラグビー激闘史」の第2巻が出ていた。早稲田特集みたいなので暇潰しに買ってみました。
e0042386_4585315.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-25 05:04 | Rugby

シャア専用チリトマト

8月2日に発売された「カップヌードル シャア専用」3種のうち、シャアザクのミニプラモがおまけで付いている「シャア専用チリトマトヌードル」を先日、近所のダイエーで購入したのですが、1個500円くらいしたのであほらしくて全種類は買いませんでした。
しかし、価格が高過ぎたためか、その店では現在も在庫の山。一気に3個500円に値下げされていたので買ってみました。近々、辛さ3倍に挑戦してみます。
e0042386_4471744.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-24 04:47 | Food

KOダイナマイトV2

e0042386_16271234.jpg
「WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ」(2010年9月20日@さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)
王者:内山高志(ワタナベ)○TKO5回2分27秒●5位:ロイ・ムクリス(インドネシア)

初防衛戦に続いて内山が危なげなく圧勝KO。対戦相手を気遣う勝利者インタビューまで含めて試合は完璧。敢えて言うなら前回同様、挑戦者との力量差が明白だということ。KOシーンがそれを軽減させたが、暫定王者の存在する階級でこのマッチメイクでは物足りなさが少なからず残る。というか、ここまで壮絶なKOだと事故への不安を覚えてしまう。

挑戦者のことはこの試合が決まってから初めて知った。試合前に亡くなったマネジャーに勝利を捧げると涙ながらに語るなど、気持ちを込めてチャレンジしてきたが、構えを見た時点で内山を脅かす存在ではないことは明らかだった。ガードが高いだけで、重心は後ろ残り。パンチは左右とも伸びず、しかもスロー。
内山は初防衛戦同様、どっしりと構え、強い左リードで試合をコントロールしながら右を上下に散らす。フットワークもボディワークもほとんど使わないが、いつでも強打を打ち込む気配を漂わせることで空間と時間を支配する。顔面を狙うパンチは大半がガードの外から打ち込む右フック。右ストレートの打てない選手ではないのでグラナドス戦同様、フックで仕留める確信を持っての組み立てだろう。5回にその右フックをジャストミートさせて効かせると、左右左右左右の6連打で沈めた。ダメージの深いムクリスは担架で退場して救急車で病院送り。左頬骨と鼻骨の骨折が後に判明した。

内山は世界戦3連続KO。次戦はテレ東恒例の年明けマッチか。暫定王者ホルヘ・ソリス(メキシコ)との統一戦が筋だろうが、元王者で1位のホルヘ・リナレス(帝拳/ベネズエラ)との対戦もおもしろい。

テレ東が録画中継。生中継ならともかく、録画なのにBSジャパンでも同時中継する意味が分からん。しかも「WOWOW Excite Match」とも被っているし。
前回に続いて大橋アナは不在。ボクシング中継からは引退したのかな。今回は秋元玲奈アナがレポーターを担っていたのでまあ良かったですかな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-23 16:27 | Box

Little Bulldozer

e0042386_22572781.jpg
「WBC世界Sフライ級王座決定戦」(2010年9月20日@さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)
同級1位:河野公平(ワタナベ)●判定○同級2位:トマス・ロハス(メキシコ)

ビック・ダルチニアン(豪州)のスーパー王者昇格に伴う王座決定戦。
試合予想として、ロハスの序盤KO勝ち、ロハスの大差判定勝ち、河野が終盤圧倒しての判定勝ちの3つのうちのどれかだと思っていた。結果的にロハスの大差判定勝ちとなったが、試合序盤でこの結末は見えた。最終回、右の相打ちを誘ってダウンを奪った“リトルブルドーザー”河野だが、実力に加えて戦略でも数段及ばなかった。

サウスポーのボクサー型のロハスは開始直後こそフットワークを使ったが、すぐに打ち合いにシフト。アウトボクシングの段階で距離感、リズムを確保しているため、打ち合いになっても圧倒的に有利な位置、タイミングでコンビネーションを打ち込める。その後も距離を取りながら、長いジャブ、速い左ストレートを飛ばし、相手が止まれば右ボディアッパー、出てくれば顔面に左アッパーを合わせる。脚も速く、ボディワークは巧み、パンチは切れる。見映えのするボクシングを展開する。
ただ、この選手、穴も多い。スタミナに不安を抱え、耐久力がない。打たれ脆い割には、打ち合いを好み、ガードが低い。

当然ながら河野陣営もこれらのロハスの欠点は承知。ボディ攻略は用意していたと思うが、ステップインの際に合わされる左アッパーに狂わされた。正確で鋭いこのパンチは前屈したところで避け切れず、入るタイミングを失った。突進は繰り返したものの、プレッシャーは与えられず、ロハスのスタミナ消耗を導けない。ただ、あれだけ劣勢の状況で無理にボディを打っていけば、アッパーで倒されていた可能性が高かったように思う。
強引に飛び込んだところで、左アッパーが届かないように大きく左サイド(ロハスから向かって右)に体を置くことになり、そこからの攻撃が続かず、右フックを振って空振りすることを繰り返した。攻撃の起点も限られ、コンパクトに打つことだけに重きを置いた威力のない右ストレートばかり。目が良く、ボディワークに長けたロハスはガードに頼らず外し続けた。
4回に最初の採点公開があり、劣勢を自覚したところで展開は変わらず、河野はポイントを失い続ける。さらには6回にローブローを浴びる不運(なぜ減点にならなかった?)があったとはいえ、9回にボディで自身が効かされたのは想定外の事態だっただろう。

しかし普通ならボディ連打で沈んでいた展開から最終回の反撃に持っていった根性は見事だった。世界1位の意地は見せた。
このクラスで王座を狙う名城信男、亀田興毅にもロハス攻略は可能だと思う。河野が最終回に示した相打ち覚悟でも打っていく勇気が必要になるが。

テレ東の放送(録画)では3〜5、10ラウンドがカットされた。福原の東洋戦はいらないので、世界戦をフルラウンド放送してほしいところ。ゲスト解説を務めたこの王座のかつての保持者・徳山昌守氏の劣勢を劣勢としっかり伝える解説が良い。技術解説も的確。それだけに森田健の不要さが余計に目立った。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-22 22:57 | Box