ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Go for It Tシャツ

「長谷川穂積×BOXER JUNTARO」の挑発Tシャツ2階級制覇バージョン「GO FOR IT Tシャツ」の通常版・グレーです。
e0042386_16181787.jpg
WBC世界フェザー級王座決定戦:ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)
英語で「やるだけ。勝つだけ」
ブランド・BOXERとのコラボ第10弾。以前は挑戦者の国旗のカラーで構成され、挑戦者の母国語で挑発的なメッセージが記されていましたが、バンタム級V9戦あたりから少々趣向が変わってきました。
今回は自らに語りかけるように、バックプリントに続くメッセージとなっています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-30 16:27 | Box

3D−HOZUMI

rsc productsによる2階級制覇モデル。「3D−HOZUMI」です。
e0042386_16103984.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-29 23:59 | Box

矢場とんT

みそかつは好きではありませんが、矢場とんのTシャツはちょっと好きです。
e0042386_6163354.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-28 23:59 | Fashion

ダブル2階級制覇

e0042386_6124415.jpg
もちろん全紙1面。写真も同じような感じです。
名古屋ではデイリーとサンスポ入手できませんでした。JR名古屋駅以外にも置いているところはあるみたいですが。しかし、名古屋はスポーツ新聞が安いですね。中スポに対抗して報知は100円、日刊とスポニチは120円。ただ、最終版は届いていないっぽい。

世界戦の掲載です。
デイリー:1〜3面(すべてカラー、阪神・金本観戦記あり)
日刊:1〜3面(すべてカラー、父・大二郎さん手記あり)
スポニチ:1、7面
報知:1〜3面(すべてカラー、母・裕美子さん手記?あり)
サンスポ:1、2面(すべてカラー)
中スポ:1、7面

粟生の記事はもっと大きくても良いと思うのですが。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-27 23:59 | Box

名古屋城

e0042386_143441.jpg
名古屋城に登りました。
これからガイシホールに向かいます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-26 12:45

名古屋レインボーホール

本日、名古屋入りします。
名古屋はかなり久しぶりで、ざっと記憶を辿ってみたところ、訪れるのは07年の新人王戦「中日本・西日本対抗戦」(2007年9月24日@名古屋市公会堂)以来のような気がする。

決戦の舞台となるのは「薬師寺VS辰吉」で有名な名古屋市総合体育館。ここには2度ほど行ったことがあります。最後に訪れたのはいつだったのか調べてみたところ、03年9月7日の「WBC世界Sバンタム級戦」でした。なぜこの試合を観ようと思ったのかよく憶えてないのですが、現地観戦しました。ネストール・ガルサ(メキシコ)、ヨベル・オルテガ(ベネズエラ)との激闘で強烈な印象を残した石井広三(天熊丸木)の3度目の世界挑戦でしたが、全盛期の力はなく、4度目の防衛戦に臨んだオスカル・ラリオス(メキシコ)に初回から滅多打ちにあい、2回2分2秒TKO負け。前座の東洋戦は酷い地元判定で、これが“名古屋判定”かと思ったものでした。
当時はもちろん日本ガイシホールなどという名称はなく、レインボーホールでした。
e0042386_5211318.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-25 05:25 | Box

辻早稲田敗れる

「関東大学ラグビー対抗戦・早稲田8−10慶應」(2010年11月23日@秩父宮)

慶應とすれば最高の試合、早稲田とすれば相当に問題の残る試合内容で00年以来となる早慶戦敗北。
まさか負けるとは思っていませんでした。吉田明治が最高のシチュエーションを用意してくれたというのに応えられない不甲斐なさ。12・5の国立参戦は取り止めとします。

慶應の“魂のタックル”を讃えるべき試合であり、もうひとつ納得いかないレフェリングも散発したが、終始圧倒しながらも状況判断のまずさ、集散の遅さ、不安定なプレイスキックなど今季の早稲田がシーズン当初から囁かれていた課題が浮き彫りになった試合だった。
この敗戦が早明戦、選手権への糧となるのならそれはそれで意味があるのだが、今季の有田組のようなある意味早稲田らしくない超タレント集団にとって全勝で突き進んだ方が、その迫力はより発揮できていたように思う。少なくとも今年の早稲田が“スーパー”ではないことは曝け出してしまった。
最終戦・早明戦を残す早稲田は、対抗戦の順位決定方式から1〜3位のどれかになるだろう。先日発表された選手権の組み合わせを考えると、理想は早稲田優勝で帝京が4位に沈んでくれるパターン。いずれにせよ、この試合を見る限りでは「荒ぶる」は厳しい道のりに違いないが。
e0042386_1125652.jpg
小宮山悟×清宮克幸の「選手の心を動かす監督の言葉」を購入しました。明日の早朝に名古屋に移動するので新幹線ででも読もうと思います。
早慶戦のJスポーツの中継、清宮氏が解説。時折、つぶやくようにダメ出しする解説、なかなかおもしろかったです。一方で慶應サイドの解説を務めた元神戸製鋼・野澤武史氏(清宮早稲田の初年度、慶應の主将。清宮氏が「30点差で勝つ」と豪語してその通りになった屈辱を持つ。実家は日本史の教科書で有名な山川出版社)がつい力が入って「ナイスタックル!」とか慶應が好プレーするたびに声をあげるのもまた良かった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-24 23:59 | Rugby

とれたて

今年もとれたてです。
e0042386_0494457.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-23 23:59 | Food

紅ヱビス

今年の琥珀ヱビスです。
21日のWBC世界Sフェザー級挑戦者・粟生隆寛選手の公開練習からダブル世界戦の公式行事が始まりました。26日、名古屋決戦です。
e0042386_16281330.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-22 16:28 | Food

祝グランパス初優勝

2010年のJリーグは3節を残して名古屋グランパスが悲願の初優勝を決めました。ストイコビッチ監督の熱心なファンであるおれもうれしい限りです。
今季の開幕時にJ1の順位予想をしましたが、名古屋の優勝は見事的中です。また、湘南と神戸の降格も当たりそうなのでなかなか良い読みだったなと満足に浸っています。“Pixyグランパス”には黄金時代を築いてほしいです。
e0042386_15321539.jpg
01年10月6日のピクシー引退記念試合@豊田スタに行った知人に頼んで買ってきてもらったピクシーグッズ。自筆メッセージがプリントされたTシャツ。引退記念グッズなのか、レアものなのかは不明です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-21 15:44 | Football