ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Hold Your Last Chance

NHKで放送された「SONGS 長渕剛 part1」を見ました。
長渕剛が元WBA2階級王者・戸高秀樹氏と宮崎・サンビーチ一ツ葉を訪れ、2人の交流を描いた構成で、なかなかおもしろかったです。

ハイライトは03年10月4日、両国国技館。
WBAで4階級を制覇するレオ・ガメス(ベネズエラ)に7回KOで敗れ、WBA世界Sフライ級王座を失ってから3年が経過。「Star Wars」と銘打たれたトリプルタイトルマッチの先陣を切ってガメスとの再戦となる「WBA世界バンタム級暫定王座決定戦」のリングに向かった戸高の入場曲は、この試合のために長渕がレコーディングした弾き語りの“戸高バージョン”の「HOLD YOUR LAST CHANCE」。Sフライ級時代の2pac「Changes」も良かったですが、この入場シーンも印象に残っています。
試合は真っ向からの打撃戦を2対1の判定で戸高が制し、見事2階級制覇を達成。会場で観戦しましたが、顎を割られた因縁の相手に一歩も退かず打ち合う戸高らしい気持ちの入ったファイトでした。試合後には長渕がリングに上がり、勝者を祝福。日テレのアナウンサーに唐突に「1曲歌ってください」と振られてやや戸惑いながらも、歌ではなく「バンザイ」の音頭をとったのでした。

なお、残る2つの世界戦では、本田秀伸(Gツダ)が23戦全勝全KOのWBA世界Sフライ級王者アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)に挑み、抜群のディフェンス技術を見せますが、攻撃がさっぱりでポイントは取れず。ムニョスのパーフェクト・レコードは止めたものの判定負け。
メインではWBC世界バンタム級王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)に西岡利晃(帝拳)が3度目の挑戦。左足アキレス腱断裂後、初の世界戦となった西岡は以前のようなキレがなく完敗したように思いましたが、オフィシャルの判定では1対1のドローでした。
e0042386_1013584.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-20 10:14 | Box

トクトク

早稲田大学スポーツ科学部が11月18日、2011年度の「スポーツ推薦」、「スポーツ自己推薦」の合格者を発表しました。「自己推薦」は受験番号のみの発表なので詳細は不明ですが、体育各部長の推薦に基づき、書類および面接による選考が行われる事実上の無試験入試「スポーツ推薦(通称:トクトク)」は氏名が公表されています。
各部最大5人まで獲得できる同入試において、今回、ラグビー部は東福岡CTB布巻峻介がTA入試で合格したためなのか、それともFB田邊秀樹(啓光学園)が堂々と留年しているためなのか合格者は3人だけ。秋田中央PR佐藤勇人、長崎南山SH平野航輝、桐蔭学園SO小倉順平が合格しています。来年、特に心配なのがSOなので、小倉選手に期待して花園も見ようと思います。
神宮大会も制した野球では、高校野球に詳しい知人が言うに甲子園春夏連覇の島袋洋奨投手(興南)以上という有原航平投手(広陵)が合格しているので少し安心です。

知人から「早稲田スポーツの50年」を頂きました。読んでいたら、贈呈してくれた知人とは別の知り合いが文中に出てきてちょっと驚きました。
e0042386_22503760.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-19 22:50 | Rugby

Send Me an Angel

アマゾンでCDを買いました。トランスver.とアコースティックver.です。
e0042386_5471364.jpg
Delerium“Remixed The Definitive Collection”
Delerium“Voice An Acoustic Collection”
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-18 23:59 | Music

ペプシモンブラン

「ペプシ モンブラン」を飲んでみました。あまり違和感ない組み合わせかななど思ったのですが、実際飲んでみると好きではありませんでした。
e0042386_13284585.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-17 13:28 | Food

輪島功一不死鳥伝説

e0042386_23205346.jpg
11月3日にフジテレビから発売されたDVD「輪島功一 不死鳥伝説」を購入しました。
収録試合は以下の通り。

◆「世界Jミドル級タイトルマッチ」(1974年6月4日@日大講堂)
王者:輪島功一(三迫)●KO15回1分57秒○同級5位:オスカー・アルバラード(米国)
◆「世界Jミドル級タイトルマッチ」(1975年1月21日@日大講堂)
王者:オスカー・アルバラード(米国)●判定○同級4位:輪島功一(三迫)
◆「WBA世界Jミドル級タイトルマッチ」(1975年6月7日@北九州市総合体育館)
王者:輪島功一(三迫)●KO7回2分4秒○同級1位:柳済斗(韓国)
◆「WBA世界Jミドル級タイトルマッチ」(1976年2月17日@日大講堂)
王者:柳済斗(韓国)●KO15回1分47秒○同級9位:輪島功一(三迫)

輪島氏のキャリアのハイライトともいえる2度に及ぶリベンジ劇。“ショットガン”アルバラード、柳済斗との世界戦4連戦がフルラウンド収録されています。2枚組。
もちろん全試合見たことがあり、映像も持っていますが、DVD化されたのが初めてなのと、定価よりだいぶ値引きされていたので買ってみました。不屈の闘志の炎をかき立てたい時にでも見ようと思います。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-16 23:21 | Box

パックマン6階級制覇

e0042386_2165032.jpg
「WBC世界Sウェルター級王座決定戦」(2010年11月13日@カウボーイズ・スタジアム)
WBO世界ウェルター級王者:マニー・パッキャオ(比国)○判定●同級1位:アントニオ・マルガリート(メキシコ)

最終回のパッキャオは対戦相手に敬意を払い、敢えて倒しにいかなかったように思えた。“Pac Man”パッキャオが“El Tornado de Tijuana”マルガリートを大差判定で下し、オスカー・デ・ラ・ホーヤ(米国)に次ぐ史上2人目の6階級制覇を達成。

途中、パックマンはボディを効かされて2度ほどピンチに陥ったが、相手の主戦場である打撃戦に応じてこの窮地を正面突破で切り抜ける。10回2分40秒、右フックのカウンターでマルガリートを大きくふらつかせた後の11回、軽いパンチを叩き込み、レフェリーに目線を送り、ストップを促す。ここでTKOを宣告していても、この試合が好試合だったことに変わりない。
“Boxing is not for you know killing each other.”
試合後のリングでこう語った勝者。強者の貫禄とボクシングへのリスペクト。見事な勝利で大記録を打ち立てた。

観衆4万1734人。解説のジョーさんによると、ファイトマネーはパッキャオが2500〜2700万ドル(最低保証1500万+PPV1000〜1200万)、マルガリートが900万ドル(最低保証300万+PPV600万)。
パッキャオが負けるとすれば「コット×マルガリート戦」のコットのパターン、つまり前半優勢に進めるも倒し切れず、マルガリートのタフネスと圧力に屈して乱戦に巻き込まれた末に終盤に沈むという形しかないだろう。しかしコット戦後、モズリーにダウンを奪われてTKO負けしたマルガリートに当時の耐久力があるとは考え難い。パッキャオのデキが余程悪くない限り、一方的に押し切ると思っていた。

5回まではその流れ。確かに、パッキャオとマルガリートには“階級差”が存在した。これは一般に言われる「階級差=パワー差」ではなく、文字通りの「体格差=身長差」。パッキャオはうまい具合にボディも打っていたが、顔面へのパンチ、特に左ストレートはベストの角度と差異が生じる。
それでもかなりのパンチを叩き込んでいたパッキャオ。やはりマルガリートが打たれ強い。この後、さらに驚くことになるのだが、コット戦どころの話ではない。完全に人間離れしたタフネスだった。

右頬を切り、右目は潰れ、大ダメージを負いながらも倒れないマルガリート。6、8回には左ボディからパッキャオを追い込む。しかし打ち勝てない。スピード差が歴然で、しかも動かれる。攻撃の起点が被弾と引き換えの接近時でのボディショットしかない展開では無理もない。
09年1月24日、シェーン・モズリー(米国)の挑戦を受けたステープルズ・センターでの「WBA世界ウェルター級戦」におけるバンテージ不正事件でカリフォルニア州コミッションから1年間のサスペンドを科せられた。復帰後は胸部に和彫りのような刺青を纏い、完全に悪役となってしまったが、リングでは文句なしに勇敢だった。

キャッチウェイトであった点など文句をつけどころがないわけではないが、デ・ラ・ホーヤの6階級達成時よりも感激した。すばらしい試合でした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-15 02:16 | Box

WBC super welterweight

e0042386_1232952.jpg
「WBC世界Sウェルター級王座決定戦」(2010年11月13日@カウボーイズ・スタジアム)
WBO世界ウェルター級王者:マニー・パッキャオ(比国)VS同級1位:アントニオ・マルガリート(メキシコ)

パッキャオ144.6ポンド、マルガリート150ポンドで計量パス。パッキャオのこのウェイトはちょっと意外。もうちょい上に合わせてくると思っていました。
この試合、空位のWBC世界Sウェルター級王座が賭けられているわけですが、150lbsのキャッチウェイト。言うまでもなくSウェルター級のリミットは154lbsです。そして実際のパッキャオのウェイトはウェルター級のリミット(147lbs)をも下回るというもの。
パッキャオ陣営とすれば圧倒的有利なスピード勝負に持ち込めば、体格差は問題なしという判断なのでしょう。勝てばデ・ラ・ホーヤ以来、史上2人目となる6階級制覇。その可能性は高いと考えます。
e0042386_12103833.jpg
e0042386_12104756.jpg
e0042386_1210564.jpg
e0042386_1211893.jpg
e0042386_12111753.jpg
e0042386_1211268.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-14 12:13 | Box

挫折と栄光

なぜか今夏に文庫化された佐瀬稔著「挫折と栄光 世界チャンピオン浜田剛史」を購入しました。
明日はWOWOWでパッキャオVSマルガリートの生中継ですな。休みをとったのでこの本も読もうと思います。
e0042386_16245011.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-13 16:25 | Box

ペコ

e0042386_9175250.jpg
ペコちゃん。本日は悪天候です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-12 09:19 | Others

尖閣諸島映像流出事件

神戸が舞台になるとは思ってもいませんでした。もろに生活圏内で驚きました。
最近、物騒な事件の多い神戸。この事件はある意味、痛快といえるものかもしれませんが。
e0042386_12562935.jpg
中継車集結の第5管区海上保安本部。
e0042386_12563923.jpg
報道陣殺到の漫画喫茶。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-11-11 13:00 | Others