ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

高校2年生王者

e0042386_059639.jpg
「第80回全日本アマチュアボクシング選手権決勝」(2010年11月21日@上関町民体育館)
◆Lフライ級 林田太郎(駒大3年)○PTS12:7●井上尚弥(相模原青陵高2年)
◆フライ級 三須寛幸(拓大3年)●PTS4:6○青木貞頼(東農大1年)
◆バンタム級 成松大介(東農大3年)○PTS9:2●河田千誉(拓大4年)
◆ライト級 藤田健児(倉敷高2年)○PTS4:3●中山翔太(日大3年)
◆Lウェルター級 福森雄太(近大2年)○PTS10:4●越川孝紀(駒大2年)
◆ウェルター級 山田崇人(東農大4年)○PTS9:2●井上岳志(法大3年)
◆ミドル級 村田諒太(東農大職員)○RSC2回1分17秒●鳴海友基(拓大2年)

毎年、NHK教育で録画放送される全日。1週遅れで放送されたが、関西では同日にアメフト関関戦を生中継していたため深夜放送となった。
AIBAの階級区分変更により今年度からフェザー級が廃止。7階級新区分で争われた。バンタム級のひとつ上がライト級というこの新制度、どうしても違和感がある。

驚くことに高校生が2人決勝進出。広州アジア大会と重なったため、代表選手が出場していないという背景はあるにしろ快挙であることに変わりない。そして藤田健児がライト級で優勝した。
Lフライ級で噂の井上は大会2連覇の林田に果敢に挑んだが、ショートパンチをインサイドから当てられて完敗。パンチがやや大きく、手数でも劣った。
藤田は元東洋太平洋Sフェザー級暫定王者・藤田和典の実弟。インターハイ連覇など井上同様、高校ボクシング界での活躍は言うまでもなく、中間距離から速い左を上下に打ち込むサウスポーの有望選手。決勝でも2回にワンツーの左ストレートでダウンを奪い、史上3人目となる高校2年生での優勝を果たした。ちなみに過去の優勝者は出原万三(49年Jフライ級、戸手高)、小島桂太(87年ヘビー級、花咲徳栄高)の2人。おれは出原先生にボクシングの指導を受けたことがある。

「おいでませ!山口国体」のプレ大会でもあるこの大会。国体のボクシング会場はだいたい僻地になることが多いが、今回観戦した人によるとアクセスは最悪らしい。上関町は原発建設予定地となるほどの場所なので、国体に行く予定の方は十分準備して向かいましょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-12 01:01 | Box

青森ポンジュース

ポンジュースの「青森りんご」を飲みました。
e0042386_2324156.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-11 23:02 | Food

たけしとひとし

たまたまテレビをつけていたら康芳夫が出ていたので驚きました。
玉置浩二は欠場の模様ですが、チンポムなど奇人がたくさん出演しています。もうすぐ広末と結婚したキャンドル氏が出るようです。
e0042386_20465448.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-10 20:47 | Others

トイカ

JR東海のICカード「TOICA」を購入してみたのですが、地下鉄では利用できず、滞在期間中1度しか使う機会がなく、失敗に終わりました。JR西日本でも使えるようなので、まあいいかと。それ以前に、JR東海でも「SUICA」や「ICOCA」も使えたようで、そもそも買う必要がなかったようです。
e0042386_435171.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-09 04:35 | Others

11・26名古屋決戦

先月、久々に名古屋を訪れた時の写真です。
e0042386_4113769.jpg
名古屋到着。マリオットアソシア。
e0042386_4114663.jpg
名チャリ社会実験2010を実施中。
e0042386_4115425.jpg
金の鯱。
e0042386_412264.jpg
名古屋観光ホテル。今回の公式行事が行われました。
e0042386_4213949.jpg
矢場とん。味噌“勝つ”の験担ぎで。
e0042386_412206.jpg
熱田神宮で必勝祈願。
e0042386_4122865.jpg
JR笠寺駅前、日本ガイシホール。すばらしい試合でした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-08 23:59 | Others

42729

「関東大学ラグビー対抗戦・明治15−31早稲田」(2010年12月5日@国立霞ヶ丘競技場)

3トライ以上を挙げての勝利が最低条件だった早稲田が4トライを挙げて見事逆転優勝。6連勝で優勝に王手をかけていた明治は98年以来の栄光を逃した。

オープニング、満員に近い国立が映し出されて少し感動。
早慶戦で問題大ありのラグビーをした早稲田が負ける流れだと覚悟していたし、人気復興のためにはここで明治が優勝するのも相応しいとも思っていたのだが、早稲田が完勝してしまった。

序盤、早稲田HB団が落ち着く前に明治の猛攻が繰り広げられ、早稲田はゴール前で防戦一方。前半20分あたりまで続いた一連の攻撃で明治はPGを狙わず「前へ」でスクラムに拘る。結果、大失敗。トライどころか1点も奪えず、カウンターで先制トライを許すとともに主導権を失った。
明治はFWに固執せず、ラインアウトがもう少しマシだったら、この試合を落とすにしても対抗戦の優勝は確保できていたように思う。
でも、これで良かったのかも。久々に早明戦らしい雰囲気で、早明戦らしい試合を見た気がする。そして早稲田が優勝した。

早稲田の選手は慶應戦とは大違いで総じて良かったが、N08有田主将の突進が復活したことは頼もしい。あと、攻撃ではカウンターの起点となり、守備ではどこからともなく飛んでくるWTB中濱の奮闘も光った。初先発のSH西橋の球捌きのテンポも良い。SO山中副将についてはキックが入る時と入らない時の傾向が未だに掴めない。それと監督がグラウンドに降りて試合を見ている構図はちょっと変ですね。別にアクションを起こすわけでもないのにあんな場所にいる必要があるのかと。

CSの松尾&今泉の解説は傑作。序盤から応援団になっていて実におもしろい。
山中のノールックバックフリップに大げさに驚き、
松尾:「昔、あんなパスしたら先輩からぶん殴られましたけどねえ。いや、今はナイスパスと言うしかないですねえ」
と文句を言っているのか、褒めているのかよく分からないが大騒ぎ。
優勝の行方がトライ数で決まりそうになっていたゲーム終盤には、
松尾:「早稲田の選手はその〜、トライ数のことは分かっていますかね。分かってないと思うんですがねえ」
今泉:「いや分かってないですね」
などと勝手に断言。
さすがにそれはないでしょうよ。V争いに絡んでいた慶應の試合が同時進行ならまだしも、既に結果が出ているだけに、優勝条件くらい頭に入れて戦っているのでは。しかし最後、早稲田がメンバーをごろっと入れ替えて劣勢になり、トライされそうになったので本当に優勝条件把握しているのかと甚だ疑問に思ったが。

早稲田はめでたく優勝となり、選手権の第1シードを獲得。対抗戦の妙なレギュレーションにより慶應が2位、明治が3位。個人的には明治が2位になり、正月に東海を倒して決勝で早明戦再びというのが良かったけど、まあ仕方ない。
それで6日16時からの抽選会の動画配信を待っていたら、直前になってシステムトラブルで生中継できませんのお詫び。ラグビー協会の無能さを象徴するような出来事でしたが、早稲田はくじ運にも恵まれ、主力を出さなくても国立行きは確実な組み合わせ。東海も当確かな。ただ、天理のトンガ勢は強烈なので壊されないように気を付ける必要はあります。好調・慶應は2回戦で「関東学院vs帝京」の勝者と対戦。東海との対戦前にかなり消耗することになりそうだが、クリアして決勝まで勝ち上がってほしい。明治も1月2日の早明戦を実現させてくれると信じています。

先週土曜夜に相当久しぶりにルミナリエに行きました。やはり美しかったです。
e0042386_6595795.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-07 07:47 | Rugby

年末決戦

早明戦に熱中しすぎて競輪祭を見るのを忘れました。
海老根が捲ったようですね。

「KEIRINグランプリ2010」(2010年12月30日@立川競輪場)
村上博幸(京都・86期)  松戸日本選手権優勝
平原康多(埼玉・87期)  びわこ高松宮記念杯優勝
市田佳寿浩(福井・76期) 前橋寬仁親王牌優勝
佐藤友和(岩手・88期)  宇都宮全日本選抜優勝
山崎芳仁(福島・88期)  平オールスター優勝
海老根恵太(千葉・86期) 小倉競輪祭優勝
村上義弘(京都・73期)  獲得賞金第2位
武田豊樹(茨城・88期)  獲得賞金第5位
伏見俊昭(福島・75期)  獲得賞金第7位

予想周回は平原−武田、海老根、山崎−伏見−佐藤、村上義−村上博−市田かな。正式に決定してから検討に入ります。

サッポロ黒ラベルの有馬記念缶・ドリームジャーニー号です。最近は競馬もほとんど見ませんね。
e0042386_0131769.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-06 00:20 | Keirin

発祥の地に集う戦士たち歴史を刻む鐘が鳴る

e0042386_23534050.jpg
「G1・第52回競輪祭・決勝」(2010年12月5日@北九州メディアドーム)
車番 選  手  所属  脚質
1  海老根恵太 千葉  捲逃
2  市田佳寿浩 福井  追捲
3  深谷知広  愛知  逃捲
4  新田祐大  福島  捲逃
5  村上博幸  京都  追込
6  飯嶋則之  栃木  追込
7  山口富生  岐阜  追込
8  岡部芳幸  福島  捲追
9  村上義弘  京都  逃捲
想定周回:48・1・952・376

大駒がかなり脱落した決勝メンバーだが、深谷が勝ち上がったことで新鮮味がある。
G1初優出の深谷は決勝ももちろん先行。これを村上兄弟−市田の近畿黄金ラインが早めに巻き返す展開か。そうなると新田、海老根の捲り追い込みにもチャンスはあるが、期待したいのは深谷の逃げ切り。近畿3番手の市田の猛襲よりは中部3番手から容赦なく内を突いてきそうな飯嶋を警戒。
3=6、3=4、3−1
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-05 00:01 | Keirin

贖罪

今週末は珍しく連休で「早明戦」に行くことも一時考えたのですが、早稲田が全勝でなくなったため取り止めることにしました。とりあえず本日の「帝京vs慶應」は何としても慶應に勝ってほしい。というか、NHKも関西リーグの試合などどうでもいいので「帝京vs慶應」放送してほしい。
テレビ観戦はリアルタイムできちんとしますが、少々時間に余裕が生じるため「贖罪」を読みながら過ごします。
e0042386_149262.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-04 01:51 | Others

長谷川穂積2階級制覇

e0042386_2318175.jpg
「WBC世界フェザー級王座決定戦」(2010年11月26日@日本ガイシホール)
同級2位:長谷川穂積(真正)○判定●同級1位:ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)

ポイントアウトが可能なことを承知の上で、敢えて打ち合いを挑み、一歩も退かずに打ち勝った長谷川。ポイントリードが明らかな終盤でもそのスタイルは変わらないどころか、より拍車が掛かった。
違和感を覚える、不安を感じる、一体何を考えているのか、という声が上がるのも当然だろう。バンタムからフェザーへの階級アップとは無関係に、長谷川らしくないボクシング。だからこそ、この試合が長谷川にとって特別な試合であることが痛いほど伝わってきた。今回の長谷川はいくら打たれても倒れないような気がした。見事なまでに気持ちの入った激闘。すばらしい試合だった。

おれの採点では117対110で長谷川。8回にブルゴスがアクシデンタルバットでWBCルールにより減点1。本人はバッティングではないと不満そうだったが。

試合を通じてセコンドの慌てぶりを見れば、打撃戦は用意していた作戦というよりは長谷川自身の判断によるところが大きかったのだと思う。長谷川の試合というよりは辰吉丈一郎の試合を見ているかのようだった。例えば「辰吉vsラバナレス・第2戦」。テクニカルなボクサーの中で技巧を精神力が凌駕した瞬間の神々しいまでの美しさ。ここに記憶に残る名勝負を見た。

攻撃面では、得意とする左ストレート(捨て)→右フックのコンボ、左ストレートのダブルは、力が入り過ぎたことで軌道が大きくなり不発。バンタム級での試合よりも長い距離で戦った影響もある。いつも以上に危険なタイミングで放っていたカウンターは、バンタム級なら一発で終わらせているようなインパクトもあったが、ブルゴスは平然としていた。ここに「フェザー」を感じた。
ハイライトはやはり7回。左アッパーを直撃され、ダメージを負いながらも、打ち合うことでピンチを切り抜けた。主導権を渡すことなく9回には左アッパーのカウンターでブルゴスの右目を塞ぐ。ダウンは奪えなかったものの、最後まで試合をコントロールした。

予定される防衛ロードは3位ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)→休暇王者エリオ・ロハス(ドミニカ)と強豪続き。この階級は他団体の王者もビッグネームが集う。
激闘は今回限り。次の試合がある。また新しい長谷川穂積を見ることができることを喜びたい。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-03 23:21 | Box