ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ザック日本大勝利!アジア制覇

「アジアカップ2011決勝・豪州0−1日本」(2011年1月29日@カリファ・スタジアム)
e0042386_4194532.jpg
実におもしろい大会でした。
本格的に見始めたのはノックアウトステージに入ってからでしたが、開催国、韓国、豪州とクセのある相手との連戦に、試合内容も劇的なものばかりで力が入りました。決勝は試合開始30分前に帰宅して満を持してテレ朝にチャンネルを合わせましたが、近所方々から叫声が飛び交う最高の夜でしたな。

世代交代を進めていない豪州は経験豊富なメンバーで構成され、準決勝も6ゴール大勝。今回の優勝を獲りにきていましたが、攻撃は体格に依存した放り込み。グレーゾーンのプレーもえげつない。高さの足りない日本のCBはかなり苦しみましたが、完封できたのは川島の好守とキューウェルの不出来(劣化?)によるところが大きいでしょう。
準決勝・韓国戦では早々の5バック引き籠りに本田拓也の投入と、失策続きだったザック監督ですが、元浦和のオジェックと対峙した決勝では指揮官としての格の違いも見せつけました。藤本の早々の見切り、ラスト1枚の交代カードの憎たらしい残し方といい見事でした。ガッツポーズにも魂が感じられて良いです。

延長後半の決勝点の場面は本来ならあり得ない形が生じ、その絶好機に迷うことなく左足を振り抜いた李忠成の日本サッカー史に残るスーパーゴール。すばらしい勝利でした。
個人的にはこの試合のMVPは李、大会MVPは長友としておきます。変な審判が続いた中で、決勝はイライラすることなく見ることができたのも良かったです。

それにしてもアジア杯は毎回おもしろい。
昨季、Jリーグをあまり見なかったのですが、今回の登録メンバーに知らない選手が2人いたことには少々自分で驚いた。それはさておき、今回は招集メンバーがベストではなく、大会中の負傷離脱もありました。残ったメンバーで本来とは異なるポジションをカバーしながらも、着実にチーム力を上げ、強敵を倒し続けたことが評価できます。劣勢の展開でも勝つ雰囲気を漂わせているところは今までの代表との違いです。かつて「悲劇」が生まれたドーハの地。時代は変わりました。

基本的におれは日本代表の試合はテレ朝でしか見ず、山岸舞彩さんが結構好きなのでハーフタイムだけBSに替えていますが、今回決勝の録画でテレ朝を選んだのは失敗。優勝式典を前に番組が唐突に終了してしまいました。録画はBSにすべきでした。あと、BSのテーマ曲はアンダーワールド「Diamond Jigsaw」でしたな。
e0042386_4204681.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-30 23:59 | Football

マサチューセッツ工科大学

ハーバードを訪問した際に、すぐ近くのMITにも潜入しました。そしてまた購買部でチャンピオン製のTシャツ購入。
ハーバードTよりも随分センスが良く、今思うと1枚しか買わなかったことが悔やまれます。
e0042386_1165926.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-29 23:59 | Fashion

ハーバードTシャツ

一度だけハーバード大学に潜入したことがあります。
03年7月。「ソーシャル・ネットワーク」を観ていてなんとなく思い出しました。
その時に購買部で購入したチャンピオン製のハーバードTシャツです。
e0042386_719117.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-28 07:19 | Fashion

ソーシャル・ネットワーク

「ソーシャル・ネットワーク」(2010年・米国)
監督:デビッド・フィンチャー 脚本:アーロン・ソーキン

デビッド・フィンチャーが「facebook」の創始者マーク・ザッカーバーグを描いた話題作。天才が天才を描いた類の映画だが、フィンチャーの映画なので当然ながら一般的な半生記や記録映画ではない。そして成功者への賛美もない。

次から次に登場する人物と早口で展開される膨大な科白。表立って提示される情報量も相当なものだが、その裏側を想像させることに主眼を置いた巧妙な構成。
例えば、ハーバード大の学長室でのシーン。閉ざされた特殊空間でのほんの僅かな会話に“世界的ルール”を示してしまう荒業。好き嫌いは別にせよ、有無を言わせず物語に惹き込む手法と説得力には抗えない。
おれは「facebook」など利用したこともないし、登場人物は総じて好感を持てないタイプばかりだが、実に魅力的な映画だと思った。早くも今年度ベスト候補。

2003年秋、ハーバード大学に始まる「facebook」の誕生と発展、そして数々のトラブルに至る一連の流れが描かれる。主人公のザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)、友人エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)、富豪の家に生まれ後の五輪選手でもある双子ウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー、2役)の3視点に、時間軸を交錯させる。
おもしろいのはザッカーバーグの内面は描かれず、感情的な視点はエドゥアルドに傾くというところ。観客でも理解できそうな一般人のエドゥアルド(といってもハーバードの学生だが)の目を通すことで、主人公の異才ぶり、異常性が浮かんでくる。

冒頭、主人公とエリカ様で繰り広げられる丁々発止のトーク。この時点からフィンチャー特有の妙な説得力は存分に発揮され、主人公が共感を得難い人物であることの説明も終わる。
「大学名」、「ファイナルクラブ」を持ち出すことで示される選民意識と上昇志向。物語が進むにつれてこれらのキーワードに「交際相手」、「登録者数」、「資産」といったものが加わっていくが、「持つ者」と「持たざる者」の境界線は消えることなく、よりはっきりしたものになっていく。

映画の末尾。「facebook」は現在も拡大し、主要な登場人物も存命する。だからどこで区切りを付けるか、どう終わらせるかということで映画そのものが大きく変わってくるが、過去の作品でもラストでカマし続けてきたフィンチャーは今回もやってくれます。一貫して描いてきた「アンチヒーローの物語」が急転する瞬間。そこで流れてくるのはビートルズの「Baby You're a Rich Man」。見事です。
e0042386_6513114.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-27 06:52 | Movie

めでたいヱビス

e0042386_3321568.jpg
しばらく飲むのを止めることにしました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-26 23:59 | Food

すべらないクリアファイル

「紅白ミルキー」を近所のファミリーマートで買ったのですが、おまけで「すべらないクリアファイル」が付いてきました。これも合格グッズのようです。
e0042386_3564983.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-25 03:56 | Others

紅白ミルキー

紅白ミルキーです。
e0042386_3532694.jpg
いつの頃からかこの時期になると合格お菓子が大量に発売されるようになりました。「Kit Kat」あたりが走りのような気がしますが、最近はよくわからないものも含めて種類も相当に増えています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-24 23:59 | Food

大入袋

大入あんぱんを食べました。
e0042386_7104812.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-20 23:59 | Food

GYAKUSOUスパイダー

NIKE×UNDERCOVER「GYAKUSOU」ファーストシーズンのラストを飾る10年12月4日発売の「AFFA×GYAKUSOU」全3型。
世界中で青山店のみの発売ということで完全に諦めていましたが、年明けて東京を訪れた際にもまだ余裕で売っていたのには驚きました。なぜかFrenchterryはありませんでしたが、元々狙っていたのはこちらだったので。
e0042386_195672.jpg
AFFA×GYAKUSOU:15D WR Ripstop×Dri-Fit Stretch Woven Fabric Mix Jacket
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-19 01:10 | Fashion

行く道は違えど、目指す世界は同じ。

e0042386_0453759.jpg
「Desperado Fight Vol.2」(2011年1月16日@神戸サンボーホール)

◆4回戦
北居一生(Wビート)●判定0−3○丸岡航平(VADY)
濱野量平(JM加古川)●判定0-3○中村竜太(高砂)
廣友章紀(江見)●判定0-3○藤田裕史(姫路木下)
黒石昌司(江見)●TKO2回50秒○間瀬友規(松田)
◆6回戦
村松翼(駿河)●判定0-3○西谷和宏(VADY)
◆54.5キロ契約8回戦
小國以載(VADY)○判定3−0●ガーオナー・チューワッタナ(タイ)
◆Sフェザー級8回戦
福原寛人(江見)○判定3-0●ペットバンプラン・サクチャートリー(タイ)

11年、西日本管内での初興行はVADYジム主催(名義は高砂ジム)。VADYのエース・小國以載、岡山在住ながら兵庫県内を主戦場とする福原寛人の両東洋ランカーをダブルメインに置く全7試合。
本来予定されていた下野喜道(JM加古川)vs岡山リョウ(VADY)の6回戦は岡山の負傷のためキャンセル。下野のスパー2ラウンドに変更となったが、相手を務めたのはなんとあの佐竹政一!スパーリング中は“野次将軍”と化した客席の戎岡兄にさかんに冷やかされていたが、問題なく終了する。

タイの中堅どころを迎えた小國と福原はともに判定勝ち。
あまり動かず右一発だけを狙ってくる相手を小國は鋭い踏み込みとボディショットで圧倒。危なげなくポイントを奪い続けた。攻撃に爆発的なものがないため、いまいち強さが伝わり難いが、スピードがありバランスもいい。そろそろ日本ランカーと対戦してみてもおもしろそう。
一方、福原は大苦戦。3回に右フックをクリーンヒットさせると迷うことなくラッシュに出たが、打ち返してきた相手のパンチで左目上を大きくカット。相手が外国人でなければストップ→TKO負けと宣告されているであろう重傷だったが、ドクターチェックは6回に1度行われただけ。なんとかフルラウンド戦い抜いた。福原の根性は立派だったが、傷が完治するまでかなり時間を要すのでは。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-18 23:59 | Box