ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

花園から世界へ

e0042386_23584062.jpg
「第90回全国高校ラグビー決勝・桐蔭学園31−31東福岡」(2011年1月8日@花園)

例年以上にタレント豊富だった今回の花園。ファイナルは前回と同じカードで、予想としても前回同様に東福岡有利。高校ラグビーの決勝は、名勝負となる確率が高いように思うが、毎年同じような顔ぶればかりで戦っているあたりが、一般層にはいまいち受け入れ難いところだろうか。それで、MBSの生中継では試合中にいきなりメインスポンサーのコベルコのむかつくCMが割り込んでくるのも腹立たしい。

しかし、試合は好勝負。
前半2分に東福岡がFW戦であっさり先制トライを奪った時点では大差の試合になるかとも思ったが、そこからの展開は驚きの連続。4分後に相手ミスに鋭く反応した桐蔭FB松島が独走トライで反撃に出ると、そこからタレント揃いの桐蔭BKが躍動。WTB竹中、竹中、SO小倉、竹中と取るべき選手がトライを決めて後半1分の時点で31−10と大量リード。個人的には竹中の2本目のトライで勝負あったかと思ったが、ここからの東福岡の粘りとFWの圧力もすごかった。結局、21点返して史上4度目の両校優勝。
どちらも(特に桐蔭)比較的イージーなゴールを決め切れなかったことが単独Vを逃した一因だが、いい試合でした。

東福岡のゲーム主将を務めたCTB布巻峻介選手は、来季の早稲田の「12番」確定でしょう。桐蔭のSO小倉順平主将、ややサイズが小さくてパス、キックの飛距離は物足りないが、ゲームメイクと判断力は見事。大学でも期待したいところです。他には桐蔭LO矢嶋悠大選手も早大進学予定と報じられていました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-17 23:59 | Rugby

花園

年末に花園に一度だけ行きました。恒例行事です。
e0042386_10544935.jpg
e0042386_1055282.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-16 10:55 | Rugby

どん兵衛

e0042386_9121341.jpg
JR渋谷駅山手線外回りホームに「どん兵衛」の渋谷駅ナカ店ができていました。期間限定です。
利用はしていません。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-15 09:13 | Others

髑髏

「マスターマインド・ジャパン」クリアファイルです。
e0042386_96368.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-15 09:06 | Others

有田組「荒ぶる」ならず…

e0042386_904537.jpg
「第47回全国大学ラグビー選手権・決勝・早稲田12-17帝京」(2011年1月9日@国立霞ヶ丘競技場)

早稲田、敗北。有田組「荒ぶる」ならず。
負けるとしたらこのような展開だろうとは思っていたが、ローテンポのFW戦に終始したロースコアのゲーム。先制を許して帝京の露骨な時間稼ぎを戦術として成立させてしまった。激しさも、美しさも、おもしろさもない試合。今思えば、関東学院は偉大だった。

外国人選手を核とした自発的なラックを自陣であろうと永遠にループ。わざとらしく靴紐を結びなおしたり、だらだらと歩いてなかなか試合再開に応じない。前年度覇者でありながらこのようなラグビーに徹する帝京には到底賛同できないが、では、まともに戦って明治のように無様な大敗をすればいいのかいう話でもない。やはり問題は、この帝京ラグビーを崩せなかった早稲田にある。たいした策もなく、時間を徒に浪費。それでいて、後半あれだけスクラムとブレイクダウンで圧倒されては負けも当然だろう。今季のチーム、勝てば圧勝だが、一度劣勢に陥ると焦るだけでリズムを変えることができない。いまいち納得できないものの、もう一回やっても負けそうな気がする。

開始早々のダミーパスあたりで嫌な予感はしたが、“国際基準”の笛も試合をつまらないものにしただけ。たまたまこの試合を見た人からすれば、ラグビーとはなんともおもしろくない競技だと思ったことでしょう。
とにかく、残念、無念。来季こそ「荒ぶる」を、と前向きに気持ちを切り替えたいところですが、それが無理なら帝京の三連覇だけは阻止していただきたいものです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-15 09:01 | Rugby

国立決戦

e0042386_8581670.jpg
国立に行きました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-15 08:58 | Rugby

三宮中心街

真夜中の三宮センター街。
e0042386_1482596.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-07 06:00 | Others

ヱビス120年

ヱビス120年パックです。
e0042386_1432864.jpg
e0042386_1434849.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-06 23:59 | Food

2010リング回顧

既に年間表彰が発表されてしまいましたが、個人的に選んだものを挙げておきたいと思います。

【国内編】
MVP:長谷川穂積(真正)
技能賞:西岡利晃(帝拳)
殊勲賞:李冽理(横浜光)
敢闘賞:亀田大毅(亀田)
努力賞:粟生隆寛(帝拳)
KO賞:内山高志(ワタナベ)
新鋭賞:宮崎亮(井岡)
年間最高試合:長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル
年間最高ラウンド:ファン・カルロス・サルガドVS内山高志 第12R
【海外編】
MVP:マニー・パッキャオ(比国)
技能賞:フロイド・メイウェザー(米国)
殊勲賞:フェルナンド・モンティエル(メキシコ)
敢闘賞:セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)
努力賞:グレン・ジョンソン(米国)
KO賞:ファン・マヌエル・ロペス(比国)
新鋭賞:フランキー・ゴメス(米国)
年間最高試合:マニー・パッキャオVSアントニオ・マルガリート
年間最高ラウンド:セルヒオ・マルチネスVSポール・ウィリアムス 第2R

【最高試合ランキング国内編】
1 長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル
2 長谷川穂積VSファン・カルロス・ブルゴス
3 西岡利晃VSレンドール・ムンロー
4 西岡利晃VSバルヴェグ・バンゴヤン
5 ファン・カルロス・サルガドVS内山高志
6 小野寺洋介山VS亀海喜寛
7 ビタリ・タイベルトVS粟生隆寛
8 名城信男VSウーゴ・カサレス
9 プーンサワット・クラティンデーンジムVS李冽理
10 井岡一翔VS瀬川正義
ワースト 亀田大毅VSシルビオ・オルティアーヌ
【最高試合ランキング海外編】
1 マニー・パッキャオVSアントニオ・マルガリート
2 セルヒオ・マルチネスVSポール・ウィリアムス
3 シェーン・モズリーVSフロイド・メイウェザー
4 ファン・マヌエル・ロペスVSラファエル・マルケス
5 アミール・カーンVSマルコス・マイダナ
6 ジョバンニ・セグラVSイバン・カルデロン
7 デボン・アレクサンダーVSファン・ウランゴ
8 ユリオルキス・ガンボアVSロジャース・ムタガ
9 ルシアン・ビュテVSエディソン・ミランダ
10 マニー・パッキャオVSジョシュア・クロッティ
ワースト バーナード・ホプキンスVSロイ・ジョーンズ

西岡がMVPに選出された年間表彰は亀田興毅が敢闘賞に止まったこともあり、真っ当なもの。意外に思ったのが長谷川VSモンティエルの年間最高試合。試合レベル自体は文句なしだが、今年に限っては日本選手が勝った試合が選ばれると思いました。良い選出です。
個人的には長谷川の2階級制覇劇に感動しました。だからこのような順位付けになります。ワーストは「石田VSアルバレス」や「興毅VSムニョス」など試合そのものの存在が許せないものと迷いましたが、「大毅VSオルティアーヌ」は試合内容が許せなかった。

昨年の会場生観戦は22興行。
世界戦生観戦は9試合。
e0042386_23475073.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-05 23:59 | Box

新春スペシャル 伝説の名勝負

大学選手権準決勝の行われた1月2日の夜、BS1で放送された「新春スペシャル 伝説の名勝負」を見ました。

90年度大学選手権決勝「明治VS早稲田」(1991年1月7日@国立)の再現番組です。早稲田派のおれにとって、この試合よりも直前(1990年12月2日@国立)に行われた劇的ドローの「早明戦」の方が“名勝負”なのですが、その前戦の因縁も含めて「伝説の名勝負」であることに疑う余地はありません。
当時のNHK中継をベースに、両軍の主将だった現明治監督・吉田義人氏、現立正大監督・堀越正巳氏がスタジオで試合を振り返るというもの。途中2度、BSニュースが入るのは鬱陶しかったですが、試合は80分フル収録のほぼ3時間番組。従来テレビサイズで、当時の実況・解説も音量を落として入っています。

当時はトライが4点、ペナルティ後のタッチキックでも相手ボールのラインアウトになる、オフサイドを誘うパスダミー(明治SH永友の必殺技!)も認められていた時代。現在とは随分ルールが異なりますが、そういったものを超越した緊張感は永遠に健在です。

試合が動く局面で何を考えていたのか問われて吉田氏が詳細に記憶を呼び戻す中、この試合は一度もビデオを見ていないという堀越氏が「憶えていません…」、「僕がミスしてますねえ…」と連発するところも正直でおもしろかった。番組の途中には松尾VS平尾の「新日鉄釜石VS同志社」や「雪の早明戦」のVTRも流れました。最後には西原在日、増保輝則、元木由記雄、今泉清、永友洋司、藤掛三男という両軍のスター選手のインタビューも収録されていて実に興味深い番組でした。
惜しむらくは、「早稲田74−10明治」と勝負にならなかった今年の大学選手権準決勝の後に放送されたということ。NHKは何を考えていたのでしょうか。盛り上げるために試合前に流せば良かったのに。こうも惨敗した後では吉田監督の言葉も重みが失われてしまいます。
e0042386_2220629.jpg
発売中の「日本ラグビー激闘史」が今泉特集だったので買ってみました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-04 23:59 | Rugby