ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

元大阪高等検察庁検事

2月5日の世界戦パンフ。
e0042386_4352413.jpg
担当記者の試合予想などの独自コンテンツもあり、それなりに工夫されています。中程の見開きページは「MUTO'S OFFICIAL SUPORTER」(原文まま。Supporterの間違い?)という一口広告のスペースになっていました。
e0042386_4491862.jpg
そういえば“ボクシング界のしょこたん”の異名を持つ六島ジム・枝川会長がブログで広告主を募っているのを見た憶えがあります。後援会関係や飲食店など一般的なサポーターが大半を占める中、よく見ると恐ろしく違和感のある広告がひとつありました。
e0042386_4501548.jpg
「元大阪高検公安部長検事 三井環」
あの三井環氏と六島ジムにどのような接点があるのか気になって仕方ありません。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-10 04:53 | Box

Super Bowl XLV

e0042386_753274.jpg
「第45回スーパーボウル」(2011年2月6日@カウボーイズ・スタジアム)
ピッツバーグ・スティーラーズ25−31グリーンベイ・パッカーズ

BS1の生中継で年に一度のNFL観戦です。
勝ったのはパッカーズ。名将ビンス・ロンバルディに率いられ、第1回、第2回大会を連覇した古豪が復活です。3本のTDパスを通し、人口9万6000人のウィスコンシン州の小都市に14年ぶり4回目の栄光をもたらしたQBアーロン・ロジャースがMVPに輝きました。

先制はパッカーズ。第1Q8分16秒、ロジャースからWRジョーディ・ネルソンへの29ヤードTDパスに成功します。直後の8分40秒、まだ調子の出ないスティーラーズQBベン・ロスリスバーガーのパスをFSニック・コリンズがインターセプト。そのまま37ヤードのリターンTD。これで流れは完全にパッカーズのものとなり、史上最多の7度目の優勝を狙った鋼鉄の軍団に以後一度も逆転を許さずに逃げ切りました。ビンス・ロンバルディ・トロフィーがグリーンベイに帰還です。
第1Q、第2Qにインターセプト。スティーラーズが追い上げてきた第4Q開始直後にはファンブルリカバー。計3度のターンオーバーをすべてTDに結びつけたことが勝利に繋がったように思います。守備陣から攻撃陣へ、チーム一丸の勝利でした。

会場はマニー・パッキャオが昨年2試合を戦ったテキサス州アーリントンのカウボーイズ・スタジアム。観衆なんと10万3219人。
国歌斉唱は第34回大会のハーフタイムショーに登場しているクリスティーナ・アギレラ。ド迫力でしたが、歌詞を間違えたらしい。ブリヂストンが冠スポンサーを務めるハーフタイムショーはブラック・アイド・ピーズ。スラッシュやアッシャーなども登場してハーフタイムショーというには驚きの規模でした。しかし、ブッシュの地元ともいえるテキサスで“Where is the Love?”が流れるというのは、やはりすばらしいですよね。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-09 07:12 | Others

ツニャカオ圧勝

e0042386_212444.jpg
「東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ」(2011年2月5日@大阪府立体育館第1競技場)
王者:マルコム・ツニャカオ(真正)○TKO6回2分32秒●WBA世界Sフライ級9位:中広大悟(広島三栄)

本来は前日本同級王者・安田幹男(六島)を挑戦者に、ツニャカオが3度目の防衛戦を行うはずだったが、昨年末に安田が左手を負傷して出場辞退。前日本Sフライ級王者の中広が代役に立てられて試合は決行となった。

ケガをした安田が幸運に思えたほどツニャカオの強さが光った試合。初回からスピーディーな左ストレートを上下に散らし、ロープに詰めては回転の速い連打。中広が意地を見せて6回まで持ち堪えたが、試合はまったくのワンサイド。
6回開始早々、偶然のバッティングで中広が右瞼から大流血。2度のドクターチェックが入ったが、おそらく中広からこのラウンドだけでもやらせてくれとの訴えがあったのだろう。試合は再開。猛然と打っていった中広に対して、ツニャカオがパンチをまとめたところで主審が試合を止めた。本来なら負傷判定になるところだが、採点は一方的なためTKOの形を採った。

元WBC世界フライ級王者のツニャカオは32歳にして急激に復調気配。現在、日本のバンタム級で一番強いだろう。これは現役世界王者の亀田興毅(亀田)を含めての話だ。是非とも亀田との対戦を見たいところだが、当然受けるはずないわね。

第3試合の「Sフライ級10回戦」WBC世界フライ級15位ソニー・ボーイ・ハロ(比国)vs東洋太平洋Sフライ級11位・向井寛史(六島)は大差判定(93対99、92対99×2)で向井が勝利したが、判定に疑問。
前日の計量でハロが500グラムオーバー。結局、パスできず、グローブハンデマッチに変更となった。それでもパワー差は歴然。ハロが豪快な右フックで向井を吹っ飛ばす。サウスポーの向井はワンツーを伸ばし、2回には相手の右瞼を切り裂いたものの、ペースを完全に握ることもなく、最終回には右強打に効かされた。手数、ヒット数では向井、ダメージングブローでは圧倒的にハロ。向井の勝ちでもいいが、この点差はない。向井は5連勝(0KO)で世界ランク入りの可能性も出てきたが、そういうレベルの選手ではない。

会場は過去の名城の世界戦では一番の入りだったのでは。リングサイド最前列にオール阪神・巨人、アホの坂田、大助・花子など吉本軍団が集結。メイン開始直前には井岡弘樹会長に引率されてWBAスーパー&IBF世界フェザー級王者ユリオルキス・ガンボア(キューバ)が入場。放送席にいた長谷川穂積が駆け寄り、現役のフェザー級世界王者同士で握手する場面があった。あと、このところ名城の世界戦では毎回だが、ラウンドガールがエロくて良かった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-08 21:21 | Box

大坂冬の陣

e0042386_15455875.jpg
「WBC世界Sフライ級タイトルマッチ」(2011年2月5日@大阪府立体育館第1競技場)
王者:トマス・ロハス(メキシコ)○判定●同級7位:名城信男(六島)

真田幸村モデルの甲冑を纏って入場してきた名城は、何とも似合っていなくていい味を出していた。2度獲得したWBA同級王座から鞍替えしてWBCのベルトを狙った一戦。結果、獲得できなかったが、緑のベルトは名城に似合っただろうか。その姿がいまいち思い浮かばない。

試合序盤を見て、かなりの熱戦になるのではという予感がした。しかし、WBCの世界戦で適用される公開採点が試合のおもしろさを削いだ。
前半4ラウンド、名城はいつも以上に手数は出て、ボディも打ちながら攻めた。上々の入りだったが、4回終了時の最初の公開採点は2者が2ポイント差で王者、1者がドローというもの。下がりながらも右フック、中間距離で停滞した時間にはストレート系のシャープなパンチを飛ばしてくるロハスにポイントが振られた形だが、まあ、これは妥当。

このクラスでは屈指の174センチという長身を誇る王者・ロハス。体格に恵まれて射程が長く、フットワークも速く、パンチも切れる選手だが、穴も多い。打たれ強くなく、ガードは低く、スタミナにも難がある。その割には打ち合いを好むため、付け入る隙は多い。
序盤の名城の戦い方は間違っていないと思った。少々ポイントを落とそうが、打ち合いに巻き込み、ボディを打ってスタミナを奪う。しかし、これではポイントを取れないと判断したのか、以降は右フックを強振するだけの単調な攻めになってしまった。結果、8回終了時には5、3、1差とポイントは広がり、こうなればロハスはもう出てこない。名城は7回に右フックで2度、9回に右ショート(この試合のベストショット)で王者の動きを止めるものの、どれも単発。ロハスの巧みなボディワークに翻弄された。

後半4ラウンド、王者は完全に逃げ切り態勢。白熱した序盤が嘘のように失望感だけが漂う試合終了のゴングが鳴る。一応両者ともガッツポーズをしていたが、勝敗は明らか。なお、8回に偶然のバッティングでロハスが眉間をカットしてWBCルールにより名城に減点1。おれの採点では115−112で王者だが、点差以上の名城の完敗だと感じる。

昨年5月のカサレス・第2戦に続き、今回もテレビ大阪が75分枠で生中継。ロハスの入場とメキシコ国歌がCMに少し侵食された以外は良い放送でした。解説席は徳山昌守氏と長谷川穂積という考えられ得る最高の人選。この2人の分析を聞いていると、世界戦で勝ち続けるには、相当な頭脳が必要だということがよく分かる。特に徳山氏の解説は平然とダメ出しするので痛快。今回も「僕やったらまったく違う戦い方で攻略できたんじゃないかな、みたいな…」と痛烈に締めてくれました。

オープンスコアリング、出血による減点など名城にもうひとつマッチしなかったWBCルール。王者・ロハスとの相性は決して悪くなかったと思うのだが。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-07 15:45 | Box

府立世界戦

大阪駅で新聞を買いました。
e0042386_2116744.jpg
世界戦の掲載です。
デイリー:8面(長谷川穂積観戦記あり)
日刊:9面(大橋秀行氏評論)
スポニチ:8面(徳山昌守氏評論)
報知:8面(長谷川穂積観戦記あり)
サンスポ:8面(矢尾板貞雄氏評論)

名城が負けたため目立つ扱いではありませんが、勝っていても相撲を押し退けることは難しかったでしょう。デイリーと報知は普通あり得ない観戦記での同一人物起用。

ちなみに1面です。
デイリー:大相撲春場所ガチで中止きょう決定「夏も」
日刊:城島暴走 術後初なのに200振
スポニチ:春場所中止 損害13億円
報知:春場所中止 無観客場所
サンスポ:投げた!投げた!金本40メートル

全紙とも1面は相撲かと思いましたが、違いました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-06 21:16 | Box

府立会館

大阪は難波。大阪府立体育会館で世界戦開催。
e0042386_14544290.jpg
名城完敗。ここは大相撲春場所の会場でもあるため、この日は世界戦よりも相撲に話題を持っていかれてしまいました。
e0042386_1515467.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-05 23:59 | Box

鬼は外

e0042386_86519.jpg
豆撒きに行きました。
長谷川穂積選手と徳山昌守氏が福豆を撒きました。
e0042386_861893.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-04 23:59 | Others

HappyにゅうYear

「出前一丁・MILK」を食べました。
e0042386_4382661.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-03 23:59 | Food

NOWHERE

日経新聞Web刊より
「香港衣料品専門店、日本のカジュアルブランド『BAPE』を買収」
2011/2/1 12:59
香港を地盤に中国圏で衣料品専門店を運営する「I.T」は1日までに、日本を中心にカジュアルブランド「ア・ベイシング・エイプ(略称=BAPE)」を展開するノーウェアの発行済み株式の約90%を取得し、子会社化すると発表した。若者に人気が高いBAPEブランドを活用し、中国市場開拓を目指す。
株式はノーウェアの代表取締役である長尾智明氏らから取得する。既に香港や中国本土でBAPEの商品を販売する専門店を運営しており、買収後に出店ペースを加速する。中国でBAPEの人気は高く、香港の店舗は週末になると中国本土から旅行で来た若者で行列ができる。
I.Tは香港株式市場に上場する衣料品専門店大手で、主に日本のファッションブランドを集めて販売する「セレクトショップ」と呼ばれる業態で人気を集めている。香港で約200店、中国本土では約150店を展開。日本の衣料品は中国圏で人気が高く、ファッションの分野でも中国資本による同様の「日本買い」が続く可能性がある。
e0042386_2395360.jpg
特に思うところはありませんが、ちょっと目に留まったニュース。さすがに日経ではNIGO氏などという表記にはならないのですね。というか、このニュースが日経に載ることの方が驚きでしょうか。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-02 23:59 | Fashion

球春

テレ東恒例の新春世界戦。2試合ともなかなかおもしろかったです。
スポーツ紙を買いました。この時期は降雪等の影響で締め切りが早まっているはずなので、今回のようにメインが21時開始ゴングなどという試合は最終版でしかまともに掲載されないはず。というわけで、大阪駅で買いました。
e0042386_0553275.jpg
世界戦の掲載です。
デイリー:9面(亀田興毅観戦記あり)
日刊:9面
スポニチ:7面(カラー)
報知:終、9面(終面はカラー)
サンスポ:6、7面

ちなみに1面です。
デイリー:金本、穂積魂できょうキャンプイン
日刊:小林宏&球児初タッグ KK新伝説
スポニチ:球児、小林宏と初合体
報知:原巨人、日本一奪回へ結束
サンスポ:小林宏、球児やろうぜ!走った!投げた!

日刊、スポニチ、サンスポはほぼ同じ写真で構成。東京日刊はさすがに長友を入れてきましたね。関西は阪神ばかりで嫌になります。
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-01 23:59 | Box