ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

生駒越え

先日、奈良に行ったのですが、久々に取れた連休の初日だったこともあり、少々無理をしてみました。目的地は大阪府八尾市と隣接する平群町(へぐりちょう、数年前に騒音おばさん事件が発生して有名に)。聞くところによると八尾から平群に向かうのに立ちはだかる生駒山の十三峠(じゅうさんとうげ)というところはヒルクライムの名所でもあるらしい。そんなら越えたろうやないかとチャレンジしてきました。

前夜2時に帰宅後、寝る予定でしたが、なぜか一睡もとらずに未明に出発。
不覚にも一瞬、道を間違えてしまうが、1時間ちょいで大阪府入り。中央大通をひたすら東に向かう。

大阪城を望む。
e0042386_1192473.jpg
東大阪JCTを潜り、しばらくして南下。かの有名な近鉄花園ラグビー場を通過。ここには50回くらい来たことがありますが、自転車ではもちろん初めてです。
e0042386_1112658.jpg
かの有名な花園第3グラウンドもチェック。彼方に見える生駒山にこれから登ります。
e0042386_1113881.jpg
そこから外環をさらに南下。しばらくして左折して小道に入り、大竹七丁目の交差点に辿り着く。ここまでで50キロちょいを走行。さあ登るぞ。
e0042386_11205170.jpg
スタート地点に位置する建物は大阪経済法科大なる大学。失礼ながらその存在を初めて知りました。
e0042386_1123092.jpg
さてさて、十三峠ですが、きつかったですね。相当に。事前に下調べしていなかったこともあり、どれほどの坂がどれだけ続くのかということがまったく計算できず、ペース配分もあったもんじゃない。ヒルクライムのことなど一切考えていないセッティングなのでギアも重い。結構、車も通るので出鱈目なコース取りも許されない。途中、幸福実現党の選挙カーが「消費税をなくします」とか連呼しながら山を登ってきたが、当然ながらダウン寸前のおれの力にはならない。抜かれてしまったよ。てゆーか、こんなところ有権者住んでないだろ。
自販機くらいあるだろなどという甘い考えは当然通らず、水は切らすは、遭難も覚悟しながらも、数度休んでなんとか登頂。なかなかの絶景である。
e0042386_1141499.jpg
奈良県入りしてからは下りですが、田舎道でどこをどう進んでいるのかわからない。道を聞こうにも村人もまったく見当たらず、勘だけで走った。目的地である平群町総合スポーツセンターが見えてきた時には泣きそうになりました。
e0042386_11503956.jpg
復路は疲労、サドルによる尻の痛み、グリップによる掌の痛み、ペダルによる足の裏の痛みも出て軽快とはいえない走りとなりましたが、とりあえず無事帰宅。
調べてみると十三峠は標高が400メートルくらいで距離は4キロくらいらしい。おれの中では標高1000メートル、距離10キロくらいに感じたよ。いろいろ考えさせられることの多い、トータル122キロの行程でした。
e0042386_11542862.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-08-06 12:09 | Cycle
<< 茨城の政権交代! 黒砂糖のブリュレ >>